F1 スペインGP フリー走行2回目
2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPのフリー走行2回目が5月10日(金)にバルセロナのカタロニア・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がFP1に続いてトップタイムを記録。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが1-2体制で初日のセッションを終えた。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが5番手、ピエール・ガスリーが7番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが10番手、アレクサンダー・アルボンが12番手で初日のセッションを終えた。

現地時間15時。気温23℃、路面温度40.4℃のドライコンディションで90分間のFP2セッションはスタート。

午前中のFP1ではバルテリ・ボッタスとマックス・フェルスタッペンがオイル漏れの問題に見舞われていたが、両チームともにFP2までにマシンを修復。FP1でホンダの“スペック1”エンジンを搭載していたマックス・フェルスタッペンは“スペック2”にエンジンを交換している。

午前中はアップグレードのチェックやベースセットアップに時間を費やしたセッションとなったが、午後はよりレースに焦点を当てたプログラムを各チームが実施した。

フリー走行2回目のトップタイムはメルセデスのバルテリ・ボッタスの1分17秒284。2番手にもわずか0.049秒差でチームメイトのルイス・ハミルトンが続いた。開幕から4戦連続で1-2フィニッシュを果たしてるメルセデスだが、今回のスペインGPに多数のアップグレードを持ち込んでおり、一発のタイムだけでなく、ロングランともに残りのチームから頭ひとつ抜け出たパフォーマンスを披露している。

3番手にはトップから0.301秒差でシャルル・ルクレール、4番手にはセバスチャン・ベッテルとフェラーリ勢。5番手のマックス・フェルスタッペンと7番手のピエール・ガスリーの間にハースのロマン・グロージャンが割って入る形となった。ピエール・ガスリーは、スペック2に交換したフェルスタッペンとは異なりスペック1のままでセッションを行っており、二人の差は0.203秒となっている。

トロロッソ・ホンダはダニエル・クビアトが40周を走行して10番手となる1分18秒772、アレクサンダー・アルボンが44周を走行して12番手タイムとなる1分18秒779で初日のセッションを終えた。

ロマン・グロージャンから14番手のランド・ノリス(マクラーレン)までは1秒以内とミッドフィールド争いはより激化している。

F1スペインGP フリー走行3回目は、5月11日(土)の19:00~20:00(現地時間 12:00~13:00)のスケジュールで行われる。

2019年 第5戦 F1スペインGP フリー走行2回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分17秒284 35
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分17秒3330.04335
316シャルル・ルクレールフェラーリ1分17秒5850.30142
45セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分17秒6730.38941
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分18秒0350.75130
68ロマン・グロージャンハース1分18秒1530.86942
710ピエール・ガスリーレッドブル1分18秒2830.95434
820ケビン・マグヌッセンハース1分18秒3551.07140
955カルロス・サインツマクラーレン1分18秒6581.37445
1026ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分18秒7221.43840
117キミ・ライコネンアルファロメオ1分18秒7271.44330
1223アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分18秒7791.49544
1318ランス・ストロールレーシングポイント1分18秒8391.55533
1427ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分18秒8611.57743
153ダニエル・リカルドルノー1分18秒9341.65040
164ランド・ノリスマクラーレン1分19秒0411.75743
1799アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分19秒4272.14337
1811セルジオ・ペレスレーシングポイント1分19秒4482.16440
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分20秒1912.90738
2088ロバート・クビサウィリアムズ1分20秒7813.49723


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1スペインGP