F1
2019年のF1バルセロナテスト1回目が2月20日(水)に3日目を迎え、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがトップタイムを記録。レッドブルのホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手タイムだった。

F1テストも3日目に突入。ドライバーは一巡し、1日交代で走行を割り当てているチームは初日に走行を担当したドライバーが2度目の機会を迎えた。

3日目のトップタイムを記録したのはトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト。ホンダのF1エンジンを搭載するSTR14で3日目のドライバーのなかで2番目に多い137周を走行し、1分17秒704をマーク。昨年のポールタイム(1分16秒173)に1.032秒差まで迫った。

2番手タイムを記録したのはアルファロメオ・ザウバーのキミ・ライコネン。この日最多となる138周を走行し、1分17秒762をマークした。

3番手タイムはルノーのダニエル・リカルドが記録。午後から走行を担当したリカルドは80周を走行し、1分18秒164をマーク。午前中はニコ・ヒュルケンベルグが走行を行い、6番手タイムとなる1分18秒800を記録した。

4番手タイムはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。134周を走行し、1分18秒350を記録した。

5番手タイムはレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。ホンアのF1エンジンを搭載するRB15で109周を走行し、トップから1.205秒差の1分18秒787を記録した。

7番手タイムはハースF1チームのロマン・グロージャン。午後から走行したグロージャンは69周を走行して1分19秒060をマーク。午前中は開発ドライバーを務めるピエトロ・フィッティパルディが走行を行い、48周を走行して1分19秒249をマークした。

8番手タイムはマクラーレンのカルロス・サインツ。90周を走行して1分19秒354をマークした。

9番手タイムはメルセデスのバルテリ・ボッタス。午前中に88周を走行したボッタスは1分20秒693を記録。午後にはルイス・ハミルトンが走行を担当し、94周を走行して12番手タイムとなる1分20秒818を記録した。メルセデスは合計で182周を走り込んだ。

最初の2日間を新車到着の遅れにとって欠場していたウィリアムズは、FW42で初走行。ジョージ・ラッセルがステアリングを握り23周を走行。1分25秒625でFW42での初セッションを終えた。

F1バルセロナテストは、明日2月21日(木)に最終日を迎え、現地時間9時(日本時間17時)から行われる。

2019年 F1 バルセロナテスト 3日目 結果
PosドライバーチームマシンタイムGAP周回
1ダニール・クビアトトロロッソSTR141分17秒704  137
2キミ・ライコネンアルファロメオC381分17秒762 0.058138
3ダニエル・リカルドルノーR.S.191分18秒164 0.46080
4セバチャン・ベッテルフェラーリSF901分18秒350 0.646134
5マックス・フェルスタッペンレッドブルRB151分18秒787 1.003109
6ニコ・ヒュルケンベルグルノーR.S.191分18秒800 1.09663
7ロマン・グロージャンハースVF-191分19秒060 1.35669
8ピエトロ・フィッティパルディハースVF-191分19秒249 1.54548
9カルロス・サインツマクラーレンMCL341分19秒354 1.65090
10セルジオ・ペレスレーシングポイントRP191分20秒102 2.39867
11バルテリ・ボッタスメルセデスW101分20秒693 2.98988
12ルイス・ハミルトンメルセデスW101分20秒818 3.11494
13ジョージ・ラッセルウィリアムズFW421分25秒625 7.92123
C1 / C2 / C3 / C4 / C5

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。 公式テストではレースとは異なり、5種類すべてのコンパウンドが使用するため、F1マシンがどのタイヤを装着しているかを識別しやくすくするため、ピレリは最も硬いC1と最も柔らかいC5にサイドウォールにストライプをつけないカラーリングを採用ししている。

F1バルセロナテスト最終日 担当ドライバー
メルセデス:ルイス・ハミルトン (AM) / バルテリ・ボッタス (PM)
フェラーリ:シャルル・ルクレール
レッドブル:
ピエール・ガスリー
ルノー:ダニエル・リカルド(AM) / ニコ・ヒュルケンベルグ(PM)
マクラーレン:ランド・ノリス
トロロッソ:アレクサンダー・アルボン
ウィリアムズ:ロバート・クビサ(AM) / ジョージ・ラッセル(PM)
レーシングポイント:ランス・ストロール
アルファロメオ:アントニオ・ジョビナッツ
ハース:ケビン・マグヌッセン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果