F1 ブラジルGP フリー走行3回目 結果
2018年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPのフリー走行3回目が11月10日(土)にサンパウロのインテルラゴス・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が最速タイムをマーク。メルセデスの2台が続いた。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが9番手タイム、ブレンドン・ハートレーが16番手タイムで予選前のセッションを終えた。

土曜日のインテルラゴスも曇り空。セッション開始時間となる12時の気温は24℃、路面温度34.3℃のドライコンディションで60分のセッションはスタートした。

セッションの折り返しとなる30分が経過した時点でセバスチャン・ベッテルが1分08秒857でトップに浮上。2番手には0.290秒差でバルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)というオーダー。

レッドブルの2台はまだコースに出ておらず、またインスタレーションラップでマシンにトラブルが発生して修復作業を行っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)は30分を経過した時点でようやくここでコースに復帰する。その数分後には、レッドブルも走行を開始した。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。コースレコードを更新する1分07秒948を記録した。

2番手には0.217秒差でルイス・ハミルトン、3番手には0.517秒差でバルテリ・ボッタスとメルセデス勢が続いた。

土曜日から“スペック3”を導入したトロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが21周を走行してトップから1.454秒差の9番手タイムとなる1分09秒402、ブレンドン・ハートレーが18周を走行して16番手タイムとなる1分09秒985で終えた。

F1ブラジルGPの予選はこのあと26時(現地時間15時)から行われる。

2018年 第20戦 F1ブラジルGP フリー走行3回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分07秒948 17
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分08秒1650.21715
377バルテリ・ボッタスメルセデス1分08秒4650.51723
47キミ・ライコネンフェラーリ1分08秒4900.54217
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分08秒7330.78512
63ダニエル・リカルドレッドブル1分08秒7880.84012
720ケビン・マグヌッセンハース1分09秒1461.19814
88ロマン・グロージャンハース1分09秒2571.30916
910ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分09秒4021.45422
1016シャルル・ルクレールザウバー1分09秒4481.50021
1127ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分09秒4611.51319
1231エステバン・オコンフォース・インディア1分09秒5881.64018
13マーカス・エリクソンザウバー1分09秒8081.86023
1455カルロス・サインツルノー1分09秒8641.91617
1535セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分09秒8851.93714
1628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分09秒9852.03718
1718ランス・ストロールウィリアムズ1分10秒0012.05317
1814フェルナンド・アロンソマクラーレン1分10秒0202.07215
1911セルジオ・ペレスフォース・インディア1分10秒1162.16818
202ストフェル・バンドーンマクラーレン1分10秒2892.341166


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1ブラジルGP