アメリカグランプリ ルイス・ハミルトン F1 予選
2017年のF1世界選手権 第17戦 アメリカグランプリの予選が21日(土)にテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が圧倒的な速さでポールポジションを獲得した。

通常、フリー走行3回目と予選とのインターバルは2時間だが、夜に開催されるジャスティン・ティンバーレイクのコンサートが始まるまで、より多くの観客が会場に残れるように空き時間が4時間に延長され、開始時間は現地時間16時に変更された。

快晴のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。気温31.3℃、路面温度39.5℃のドライコンディションでセッションはスタートした。

F1は、今週末のF1アメリカGPで乳がん啓発活動をサポートしており、ピットレーンのラインを含めてサーキットのエレメントをピンクに変更。各チームもピンクのレーシングギアを使用したり、F1マシンにピンクの装飾やピンクリボンを掲載するなど、活動をサポートしている。

ピレリは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズに昨年よりも軟らかいソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトという3種類のコンパウンドを選択。乳がん啓発活動のサポートの一環としてウルトラソフトの識別カラーはピンクに変更されている。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。今週末の全てのセッションでトップタイムを記録し、コースレコードを更新する1分33秒108をマークする圧巻の走りで、今シーズン11回目、通算72回目のポールポジションを獲得。2番手に0.239秒差でセバスチャン・ベッテル(フェラーリが続き、フロントローに並ぶ。

2列目にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)とダニエル・リカルド(レッドブル)、キミ・ライコネン(フェラーリ)は3列目5番グリッドとなった。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソがQ3進出を果たして9番手、ストフェル・バンドーンはQ2で敗退して13番手だった。

今大会からルノーに移籍したカルロス・サインツは、Q3進出を果たして8番手、グリッド降格が決定しているニコ・ヒュルケンベルグはQ2でアタックを行わず15番手。

トロ・ロッソでF1デビュー戦となったブレンドン・ハートレーはQ1で敗退して18番手、復帰戦となったダニーエ・クビアトは12番手だった。

決勝では、ストフェル・バンドーン(5グリッド)、マックス・フェルスタッペン(15グリッド)、ニコ・ヒュルケンベルグ(20グリッド)、ブレンドン・ハートレー(25グリッド)がエンジン交換によって降格することが決定している。

F1アメリカGPの決勝は、22日(日)の28時(現地時間14時)から行われる。

2017年 第17戦 F1 アメリカグランプリ 予選 結果
順位ドライバーチームQ1Q2Q3
1ルイス・ハミルトンメルセデス1分34秒8221分33秒4371分33秒108
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分35秒4201分33秒8401分33秒347
3バルテリ・ボッタスメルセデス1分35秒3091分33秒7931分33秒568
4ダニエル・リカルドレッドブル1分35秒9911分34秒1031分33秒577
5キミ・ライコネンフェラーリ1分35秒6491分33秒8401分33秒577
6マックス・フェルスタッペンレッドブル1分34秒8991分34秒7161分33秒868
7エステバン・オコンフォース・インディア1分35秒8491分35秒1131分34秒647
8カルロス・サインツルノー1分35秒5171分34秒8991分34秒852
9フェルナンド・アロンソマクラーレン1分35秒7121分35秒0461分35秒007
10セルジオ・ペレスフォース・インディア1分36秒3581分34秒7891分35秒148
11フェリペ・マッサウィリアムズ1分35秒6031分35秒155 
12ダニール・クビアトトロ・ロッソ1分36秒0741分36秒529 
13ストフェル・バンドーンマクラーレン1分36秒2861分35秒641 
14ロマン・グロージャンハース1分36秒8351分35秒870 
15ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分35秒740  
16マーカス・エリクソンザウバー1分36秒842  
17ランス・ストロールウィリアムズ1分36秒868  
18ブレンドン・ハートレートロ・ロッソ1分36秒889  
19パスカル・ウェーレインザウバー1分37秒179  
20ケビン・マグヌッセンハース1分37秒294  

ルイス・ハミルトン ポールポジションラップ (2017年 COTA)


【予選Q1】
最初にコースに出て行ったのはトロ・ロッソのダニール・クビアト。ウルトラソフトを装着し、1分37秒682を記録。

全車アタックを終えた段階でルイス・ハミルトンが1分34秒822でトップに立つ。2番手にはマックス・フェルスタッペン、3番手にはバルテリ・ボッタスが続いた。メルセデス勢とフェラーリ勢はスーパーソフトでQ1を突破。一方、レッドブル勢はウルトラソフトでのアタックとなった。

Q1ではザウバーの2台、ランス・ストロール(ウィリアムズ)、ブレンドン・ハートレー(トロ・ロッソ)、ケビン・マグヌッセン(ハース)が敗退となった。

【予選Q2】
ルイス・ハミルトンがウルトラソフトでいきなりコースレコードを更新する1分33秒560を記録。バルテリ・ボッタスも1分33秒台のタイムで続く。15グリッドの降格が決定しているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はスーパーソフトでタイムを記録。同じく20グリッド降格が決定しているニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はアタックを行わなかった。

Q2ではフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)、ロマン・グロージャン(ルノー)、ニコ・ヒュルケンベルグが脱落。

【予選Q3】
ルイス・ハミルトンが1回目のアタックでコースレコードをさらに更新する1分33秒108を記録。2番手に0.239秒差でチャンピオンシップを争うセバスチャン・ベッテルが続いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果