F1 イタリアグランプリ
2017年のF1世界選手権 第13戦 イタリアグランプリの予選が2日(土)、モンツァ・サーキットで行われた。雨天による2時間30分の中断を経て、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が最多記録となる通算69回目のポールポジションを獲得した。

予選開始時の天候は雨。気温13.9℃、路面温度17.1℃。雨でほぼ走行が行われなかったフリー走行3回目よりもコンディションは回復したが、路面は完全にウェットな状態でセッションは開始した。

しかし、スタート直後から雨脚は強まり、コンディションが悪化。残り13分31秒でロマン・グロージャン(ハース)がクラッシュ。赤旗中断となった。その後、何度もセーフティカーによるコースチェックが行われたが、最終的に2時間30分の延期の末にセッションは再開された。

ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。1分35秒554を記録し、今シーズン8回目、最多記録を更新する通算69回目のポールポジションを記録した。

2番手にはマックス・フェルスタッペン、3番手にはダニエル・リカルドとレッドブル勢が続いたが、二人にはグリッドペナルティが決定している。

そのため、4番手だったランス・ストロール(ウィリアムズ)が、F1キャリア初となるフロントローに並ぶことになった。

2列目にはエステバン・オコン(フォース・インディア)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)、フェラーリ勢は3列目からのスタートとなる。

マクラーレン・ホンダは、ストフェル・バンドーンがQ3 に進出して10番手、フェルナンド・アロンソはQ2で敗退して13番手だった。

F1イタリアGP 決勝は、3日(金)の21時(現地時間14時)から行われる。

2017年 第13戦 F1イタリアGP 予選 結果

順位ドライバーチームQ1Q2Q3
1ルイス・ハミルトンメルセデス1分36秒0091分35秒396      
2マックス・フェルスタッペンレッドブル1分37秒3441分36秒223 
3ダニエル・リカルドレッドブル1分38秒3041分37秒313 
4ランス・ストロールウィリアムズ1分37秒6531分37秒002 
5エステバン・オコンフォース・インディア1分38秒7751分37秒580 
6バルテリ・ボッタスメルセデス1分35秒7161分34秒660 
7キミ・ライコネンフェラーリ1分38秒2351分37秒031 
8セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分37秒198 1分36秒113 
9フェリペ・マッサウィリアムズ1分38秒3391分37秒456 
10ストフェル・バンドーンマクラーレン1分38秒7671分37秒471 
11セルジオ・ペレスフォース・インディア1分38秒5111分37秒582 
12ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分39秒2421分38秒059 
13フェルナンド・アロンソマクラーレン1分39秒1341分38秒202 
14ダニール・クビアトトロ・ロッソ1分39秒1831分38秒245 
15カルロス・サインツトロ・ロッソ1分39秒7881分38秒526 
16ケビン・マグヌッセンハース1分40秒489  
17ジョリオン・パーマールノー1分40秒646  
18マーカス・エリクソンザウバー1分41秒732  
19パスカル・ウェーレインザウバー1分40秒875  
 ロマン・グロージャンハース1分43秒355  
関連:【動画】 F1イタリアGP 予選 ダイジェスト

【Q1】
メルセデスの2台からコースイン。まずはルイス・ハミルトンが1分40秒128でトップタイムを記録。しかし、スタート直後から雨脚は強まり、ドライバーは危険を訴える状況。ストレートではアクアプレーニングし、コーナーでマシンを止められない状態となった。
そして、9名のドライバーがタイムを出したところでロマン・グロージャン(ハース)がクラッシュ。残り13分31秒で赤旗中断となった。
その後、何度もセーフティカーによるコースチェックが行われたが、最終的に2時間30分の延期の末にセッションは再開された。

再開後、まずはマックス・フェルスタッペンがコースイン。1分38秒557を記録。ルイス・ハミルトンがすぐに1分36秒981で上回る。
その後、フェルナンド・アロンソを皮切りに全ドライバーがインターミディエイトに交換。バルテリ・ボッタスが1分35秒716でQ1トップタイムをマークした。
ジョリオン・パーマー、ハースの2台、ザウバーの2台がQ1敗退となった。

【Q2】
雨が強くなると読んだレッドブルの2台、フォース・インディアの2台、トロ・ロッソの2台、ニコ・ヒュルケンベルグ、フェリペ・マッサがフルウェットを選択。だが、タイヤはインターミディエイトの方が速く、交換することになった。
Q2のトップタイムはルイス・ハミルトンの1分34秒660。
セルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグ、フェルナンド・アロンソ、トロ・ロッソの2台がQ2で脱落。ウィリアムズの2台揃ってQ3進出はF1アゼルバイジャンGP以来。

【Q3】
セッション開始時に雨が強まり、メルセデスの2台とセバスチャン・ベッテルはインターミディエイトでセションを開始したが、すぐにフルウェットに交換することになった。
まずはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分36秒113でトップタイムをマーク。その後、ルイス・ハミルトンが1分34秒660でトップに立つ。
最終アタックではレッドブルの2台がトップを競うが、最終的にルイス・ハミルトンが上回り、通算69回目のポールポジションを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1イタリアGP