F1レース結果の2015年09月のF1情報を一覧表示します。

F1 日本GP 決勝:ドライバーコメント

2015年9月27日
F1 日本グランプリ 鈴鹿

2015 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX

F1日本GP 結果:ルイス・ハミルトンが鈴鹿を完全制圧

2015年9月27日
F1 速報 鈴鹿 日本グランプリ 結果
F1日本グランプリの決勝レースが27日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

決勝日の鈴鹿は晴れ。優勝はメルセデスのルイス・ハミルトン。2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、2コーナーでニコ・ロズベルグを刺し、そこからはトップを独走。昨年に続いて、鈴鹿を連覇。今シーズン8勝目、アイルトン・セナに並ぶ通算41周目を挙げた。

F1 日本GP 予選:ドライバーコメント

2015年9月26日
F1 日本グランプリ 予選 (鈴鹿)

2015 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX

F1日本GP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2015年9月26日
F1日本グランプリ 予選 結果 速報
F1日本グランプリの予選が26日(土)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

ドライコンディションで行われた予選。ポールポジションを獲得したのはニコ・ロズベルグ(メルセデス)。ロズベルグは今季2度目のポールポジション。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスがフロントローを独占した。

F1日本GP フリー走行3回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2015年9月26日
F1日本グランプリ 速報
F1日本グランプリ フリー走行3回目が26日(土)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

土曜日の鈴鹿は晴れ。前日が雨だったため、各チームは予選・決勝を見据えてドライコンディションでのセットアップとタイヤデータ収集のため、多くの周回を走り込んだ。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが速さを見せている。

F1日本GP フリー走行2回目:ダニール・クビアトがトップタイム

2015年9月25日
F1 鈴鹿 日本グランプリ 速報
F1日本グランプリのフリー走行2回目が25日(金)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

フリー走行2回目もウィットコンディションでスタート。途中、雨脚が強まることもあるなかでのセッションとなった。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはレッドブルのダニール・クビアト。2番手にはニコ・ロズベルグ、3番手にはルイス・ハミルトンとメルセデス勢が続いた。

F1日本GP フリー走行1回目:カルロス・サインツがトップタイム

2015年9月25日
F1日本グランプリ
F1日本グランプリのフリー走行1回目が25日(金)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

例年よりもおよそ2週間早い開催となった今年のF1日本グランプリ。フリー走行1回目は生憎の雨。そのためタイムを記録したドライバーは12名に留まった。

トップタイムを記録したのは、トロ・ロッソのカルロス・サインツ。2番手タイムはダニール・クビアト(レッドブル)、3番手タイムはニコ・ロズベルグ(メルセデス)が記録した。

F1 シンガポールGP 決勝:ドライバーコメント

2015年9月21日
F1 シンガポールGP

2015 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX

F1シンガポールGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季3勝目!

2015年9月20日
F1シンガポールGP 結果 速報
F1シンガポールGPの決勝レースが20日(日)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ポールポジションからスタートしたベッテルは、4連覇を達成したレッドブル時代を思わせる走りでトップの座を一度も譲ることなくレースをコントロール。ポール・トゥ・ウィンで今シーズン3勝目。通算42勝目となり、勝利数でアイルトン・セナを抜いて単独3位に浮上した。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム