F1レース結果の2013年10月のF1情報を一覧表示します。

F1 インドGP 決勝:ドライバーコメント

2013年10月28日
F1 インドGP 決勝
2013 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

F1インドGP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝でチャンピオン獲得!

2013年10月27日
F1インドGP 結果
F1インドGPの決勝レースが27日(日)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

レースは、ピレリが持ち込んだ寿命の短いソフトタイヤにより、スタートでソフトを履いたドライバーが早めにピットストップなど、様々なタイヤ戦略がみられる展開。

優勝は、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。早めのタイヤ交換による順位の後退もものともせず、レースが落ち着いてからは大幅なリードを築く展開。

F1 インドGP 予選:ドライバーコメント

2013年10月26日
F1 インドGP 予選

2013 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

F1インドGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2013年10月26日
F1インドGP 予選
F1インドGPの予選が26日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。インドでのタイトル4連覇にむけて最高のグリッドを手に入れた。2番手にはニコ・ロズベルグ、3番手にはルイス・ハミルトンとメルセデス勢が続いた。

F1インドGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2013年10月26日
F1インドGP フリー走行3回目
F1インドGPのフリー走行3回目が26日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

土曜日のブッダ・インターナショナル・サーキットは、ドライコンディションだったが、もやがかかって視界が悪い状態。そのため、セッションは、20分遅れてスタートして、走行時間も40分に短縮された。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1インドGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2013年10月25日
F1インドGP フリー走行2回目
F1インドGPのフリー走行2回目が25日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムも午前中に引き続きセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が記録。この日唯一となる1分25秒台に突入する速さをみせた。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブルが初日のタイムシートの上位を占めた。

F1インドGP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2013年10月25日
F1インドGP フリー走行1回目
F1インドGPのフリー走行1回目が25日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行1回目のトップタイムはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)の1分26秒683。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブルが好スタートを切った。3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)、4番手にはロマン・グロージャン(ロータス)が続いた。

F1 日本GP 決勝:ドライバーコメント

2013年10月13日
F1 日本GP 決勝
2013 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX

F1日本GP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝で5連勝

2013年10月13日
F1日本GP 結果
F1日本GPの決勝レースが13日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

決勝は快晴のなかでスタート。4番グリッドからスタートしたロマン・グロージャン(ロータス)が抜群のスタートでトップに立つ。2番手を走行していたマーク・ウェバー(レッドブル)が3ストップ戦略で異なる戦いをみせるなか、順位を上げたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が猛追するという上位3名のバトル。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム