F1レース結果の2012年10月のF1情報を一覧表示します。

F1 インドGP 決勝:ドライバーコメント

2012年10月29日
F1 インドGP 決勝
2012 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

F1インドGP 結果:セバスチャン・ベッテルが4連勝でリード拡大

2012年10月28日
F1インドGP 結果
F1インドGPの決勝レースが28日(日)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

優勝は、ポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテル。今週末、全てのセッションでトップに立っているセバスチャン・ベッテルは、スタートから一度もリードラップを譲ることなくトップを独走。4連勝を達成してチャンピオンシップのリードを13ポイントまで広げた。

F1 インドGP 予選:ドライバーコメント

2012年10月28日
F1 インドGP 予選
2012 FORMULA 1 AIRTEL INDIAN GRAND PRIX

F1インドGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2012年10月27日
F1インドGP 予選 結果
F1インドGPの予選が27日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブルがフロントローを独占した。

3番手にはルイス・ハミルトン、4番手にはジェンソン・バトンとマクラーレン勢が2列目に並ぶことになった。

F1インドGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2012年10月27日
F1インドGP フリー走行3回目
F1インドGPのフリー走行3回目が27日(土)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)。ベッテルは、ここまで全てのプラクティスセッションでトップに立っている。

2番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

F1インドGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2012年10月26日
F1インドGP フリー走行2回目
F1インドGP フリー走行2回目が26日(金)、ブッダ・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムは、午前中に続いてセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が記録。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブルがインドでも強さを見せている。

3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が続いた。

F1インドGP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2012年10月26日
F1インドGP フリー走行1回目
2012年 F1 第17戦 インドGPのフリー走行1回目が26日(金)、ブッダ・インターナショナルサーキットで行われた。

今年で2回目の開催となるF1インドGP。ピレリは昨年同様、ハードタイヤとソフトタイヤを持ち込んでいる。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、現在チャンピオンシップ首位のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。2番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1 韓国GP 決勝:ドライバーコメント

2012年10月14日
F1 韓国GP
2012 FORMULA 1 KOREAN GRAND PRIX

F1韓国GP 結果:セバスチャン・ベッテルが3連勝で首位に浮上

2012年10月14日
F1韓国GP 結果
F1韓国GPの決勝レースが14日(日)、韓国インターナショナル・サーキットで行われた。

優勝は、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。スタートから後続を引き離したセバスチャン・ベッテルは、終盤右フロントタイヤに不安を抱えたものの危なげないレースで終始レースをリード。シンガポールGPから3連勝を挙げ、フェルナンド・アロンソを抜いてチャンピオンシップ首位に躍り出た。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム