ルノーCEO 「自分がルノーF1の歴史に終止符を打つことにならずうれしい」
ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは、自分がルノーのF1活動の歴史に終止符を打つ人間にならなかったことをうれしく思っていると語った。

54歳のイタリア出身のルカ・デメオは、5年間、シュコダの社長を務めた後、2020年7月にルノーのCEOに就任。ルノーは1977年のF1イギリスGP以来エンジンサプライヤーとしてF1に参加しているが、ルカ・デメオが就任した際、同社がF1からの撤退を計画しているというニュースで溢れていた。

「私が到着したとき、F1へのコミットメントは終了すると言われた」とルカ・デメオはFormula Passion.に言った。

「それはスポーツにおける40年の歴史の終わりだった。グループ内でF1のグレイヴディガー(gravedigger/墓掘り人、最後の始末をつける人)になりたくなかったので、私は反対した」

2020年のF1アイフェルGPで表彰台に戻って以来、ルノーF1チームにとってそれは賢明な選択であることが証明されており、アルピーヌF1チームへのブランド変更に続いて、チームは2022年グリッドで最速の1つであることが証明されている。

4つのパワーユニットサプライヤーの1つとして、ルカ・デメオは、ルノーがF1を継続することは「ブランドの世界的な露出の基本」であると述べた。

「レッドブル、フェラーリ、メルセデスと一緒に、F1で走る完全なパッケージを構築している4社がいる」とルカ・デメオはフランスの雑誌Le Journal dell'Automobile's Man oftheYear賞を授与されたときに語った。

「多くの人がこのカテゴリーを単に非常に高いコストを伴う莫大なお金の浪費と見なしているが、レース活動はブランドの世界的な露出の基本だ」

アルピーヌF1チームにブランド名を変更して以来、チームは2021年にF1ハンガリーGPでエステバン・オコンとレースでの勝利を祝い、フェルナンド・アロンソの復帰を歓迎している。

これまでフェルナンド・アロンソは、2回のF1ワールドチャンピオンに相応しいペースを見せているが、信頼性の問題が彼とチームの合計ポイントを傷つけている。

それにもかかわらず、ルカ・デメオは、楽観的であり、スピードに関してはチームがトップ3に入っていると語った。

「昨年に比べて改善が見られ、オトマー・サフナウアーの登場により、チームは管理レベルでもより堅実になった」とルカ・デメオは語った。

「我々は長期的なプログラムを持っている。アルピーヌのCEO、ローラン・ロッシは昨年10月に100グランプリで勝つ計画について語っていたが、F1では決して何が起こるかわからない。少し運も必要だ」

「我々は勝つための条件を整えているが、パリ・サンジェルマンのようなチャンピオンでも、チャンピオンズリーグでは常に敗退するようなことが起こっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ