ニー・ゲート論争が勃発?
ルノーの技術責任者であるボブ・ベルは、FIAが承認したマクラーレン MP4-25の空力処理に抗議も辞さない構えをみせている。

ドライバーの左膝でモノコックの吸気口を操作するMP4-25のシステムは、バーレーンで「ニー・ゲート」と呼ばれるようになった。

ボム・ベルは、マクラーレンが「レギュレーションの精神を踏みにじった」と厳しい意見を述べている。

彼は「完全に違法」な処理をFIAが承認したことは「ジョーク」であり「ナンセンス」だと切り捨て、ピットレーン内では「軍拡競争」が始まるだろうと述べた。

ルノーが正式に異議するかをBBCに問われたボブ・ベルは「正直なところそれについてはコメントできない」と怒りをみせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / マクラーレン