元ルノーF1のエンジン責任者のレミ・タフィンがオレカに加入
元ルノーのエンジン責任者であるレミ・ラフィンが、フランスのコンストラクターであるオレカにテクニカルディレクターとして加入した。

レミ・タフィンは、ルノーのF1活動の長年のメンバーであり、1999年にメーカーに加わり、後にヴィリー・シャティヨンのエンジン部門を率いて、今年6月に退職するまで働いていた。

しかし、47歳のレミ・タフィンは、専門知識をオレカに移すことで、モータースポーツのキャリアに新たな章を開く準備ができている。レミ・タフィンは、ポール・リカールにあるスポーツカーメーカーのシグネスの拠点、マニークールにある事業所で働く。

レミ・ラフィンは、成功を収めたLMP2 07のプロダクションを処理するオレカのシャシー部門とメーカーのエンジンユニットを監督する。

「レミがグループの技術的範囲全体を管理するためにオレカに加入してくれたことを非常に嬉しく思う」とオレカのボスであるユーグ・ド・ショナックは語った。

「彼の技術的スキル、新技術の習得、高いレベルの経験、カスタマー哲学のすべてが、レーシングカーの製造における世界的リーダーの1つとしての発展の重要な段階を経験しているときに当社に役立つだろう」

レミ・タフィンは「モータースポーツの世界、特に耐久レースのさまざまなクラスのベンチマークであるオレカで、ユーグと彼のチームと一緒に仕事を始めるのが待ち切れない」とコメント。

「前へ進むために必要な技術的および組織的な課題、そして現在および将来のオレカのプロジェクトの文化と豊かさは、私がオレカの開発の次のフェーズで主要な役割を果たしたいと確信させている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / WEC (FIA世界耐久選手権)