ホーピン・タン ルノー
ホーピン・タンが、ルノーのサードドライバー就任への意気込みを語った。

ルノーは、2010年にホーピン・タンをサードドライバーに、ジェローム・ダンブロシオをリザーブドライバーに起用することを発表。両ドライバーは、ルノーの新しい株主であるジェニイ・キャピタルが関与するグラビティ・スポーツ・マネジメントに所属している。

「本当に夢が実現した。でも、冒険の始まりでもある。いろんなこと全てがこれからスタートする」とホーピン・タンはコメント。

「ルノーF1チームの一員であることを最大限に活用して、できるだけ多くのことを学びたい。いろんなことを吸収して、良いドライバーになりたい。でも、本当に貢献したいと思っているし、チームが必要としてくれればいつでも助ける準備はできている」

27歳のオランダ生まれの中国人ドライバーであるホーピン・タンは、昨年ヘレスで開催された若手ドライバーテストにルノーから傘下していた。

「昨年12月のヘレスでのチームとの初テストセッションで、エンジニアは僕のスピートと技術的なフィードバックに好印象を持ってくれた。彼らの信頼をエルことがずっと僕の主要な目的だったので、そうすることができて嬉しく思っている」

ホーピン・タンは、彼のルノー加入によって中国のF1人気が高まることを期待している。

「ルノーでの僕の新しいポジションは、中国のスポーツにとって新しいニュースだ。中国は2004年からグランプリを開催しているけど、モータースポーツ、特にF1に新しい。これを元に中国の多くのファンのサポートが増えることを期待している」

関連:
ルノー、R30を発表 - 2010年1月31日
ルノー R30 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー