ルノーF1 「フェルナンド・アロンソの加入に対応する準備はできている」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2021年から加入するフェルナンド・アロンソのキャラクターに対応する準備はできていると語る

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1から2年離れた後、2021年にアルピーヌF1にブランド変更する現ルノーF1で復帰を果たす。

それは、今年これまでダニエル・リカルドのチームメイトとして輝きを放つことができていないエステバン・オコンにとっては素晴らしいニュースではないかもしれない。

「ダニエルは非常に強いドライバーだ」とシリル・アビテブールは語る。

「彼はクルマとエンジニアとのコラボレーションが優れており、今年はさらに強くなった」

「しかし、エステバンは1年の休みの後にゆっくりと戻ってきており、見た目ほどダニエルから離されはいない。OK、彼はムジェロでミスを犯したが、それは彼が攻撃し、もっと多くを望んでいることを示している。シンプリに現状とチーム階層を受け入れてしまうドライバーよりも好ましい」

悪名高い難しいキャラクターのフェルナンド・アロンソの加入に関しても、シリル・アビテブールは準備ができていると語る。

「私たちはそれに備えている」とシリル・アビテブールは語った。

「我々のマシンは来年さらに良くなると思う。フェルナンドがその進歩を見れば、彼の中のレーサーが目を覚ますだろう」

「我々は確実に改善しなければならないことは実行することだ。フェルナンドがミスを犯さないことは知っているので、我々は言い訳はできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ