ルノーF1の育成ドライバー 「シート獲得のチャンスはないとわかっていた」
ルノーF1の育成ドライバーであるクリスチャン・ルンガーは、新型コロナウイルスの世界的な危機によって2021年にF1昇格のチャンスを与えられるとは思っていなかったと語る。

現在、FIA-F2に参戦する18歳のクリスチャン・ルンガーは、ルノー・アカデミーのドライバーであり、ダニエル・リカルドの移籍によってできた空席の候補者のひとりだった。

しかし、ルノーF1チームは2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソを2021年にグリッドに復帰させることを決定。アカデミードライバーにチャンスを与えることはなかった。

この決定は、クリスチャン・ルンガーや同じアカデミードライバーである周冠宇にチャンスが与えられることを楽しみにしていたルノーF1のファンをお乞わせた。

しかし、クリスチャン・ルンガーは、F1への昇格は決して期待していなかったと語る。

「世界中で起こった危機のため、正直、来年の可能性は期待すらしていなかった」とクリスチャン・ルンガーは語る。

「スーパーライセンスを持っていないことは自分でもわかっていました。それが決まるモンツァがまでチームが待ていないこともわかっていた。

「スーパーライセンスを取得するには、上位4位に確実に入る必要がある」

エステバン・オコンはしばらくルノーF1にいる可能性が高いため、クリスチャン・ルンガーがF1でチャンスを与えられる時期は、フェルナンド・アロンソがいつまでチームにとどまるかに大きく依存する。

クリスチャン・ルンガーはその答えを知らないが、あまり先のことは考えないようにしていると語る。

「フェルナンドが戻ってきて、それが1~2年、またはそれ以上の契約であるかどうかについて本当に詳細を知らない」とクリスチャン・ルンガーは付け加えました。

「でも、私としては、常に自分の仕事に焦点を当て、その後に未来が何をもたらすかを見ていくだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー