ルノーF1の2021年のシートを射止めるのはボッタス? アロンソ?
メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスが、2021年の“シリーシーズン”の主役となっている。

希望に満ちた推測に反して、メルセデスF1がルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルがペアを組む可能性は低そうだ。より可能性の高いシナリオとして語られているのが、ジョージ・ラッセルの昇格だ。

それは、2016年にニコ・ロズベルグが引退して以来、毎年1年契約でメルセデスF1に残留しているバルテリ・ボッタスにレッドブル・ホンダF1を含む潜在的なチーム移籍のための交渉についての噂を引き起こした。

だが、Auto Hebdo の記者であるジャン-ミシェル・デスヌは、実際にはフェルナンド・アロンソが最有力候補だと考えてはいるものの、ルノーF1がバルテリ・ボッタスにとってより有望な目的地であると語る。

ルノーは、2020年以降もワークスチームとしてF1参戦を継続していくことを発表。マクラーレンに移籍したダニエル・リカルドの後任ドライバーを探す必要がある。

「すべてがアストゥリアスの雄牛の到着を指し示している」とジャン-ミシェル・デスヌは語った。

「彼は2つのタイトルを獲得したフランスのチームと密接に関連している」

「彼はカリスマであり、リベンジを目指している。不確実に思われるチームにとって彼は適切なタイミングで適切な男だ。彼だけがリカルドが断ったチームを受け入れる準備ができているように思う」

しかし、ジャン-ミシェル・デスヌは、ルノーF1はバルテリ・ボッタを受け入れる可能性もあると考えている。

「彼はルイスハミルトンに対抗できることを何度か示した。スカンジナビアの静けさはスペイン人の火山のよjな性格とは対照的だ」とジャン-ミシェル・デスヌは語った。

また、バルテリ・ボッタスのキャリアのマネジメントに深く関わってきた現在の上司であるトト・ヴォルフも、ルノーF1への移籍を推し進める可能性があると語った。

「ハミルトンの引退は年々近づいており、理想的な後継者であるジョージ・ラッセルの育成を加速するために、トト・ヴォルフはエンストンにセカンドドライバーが移籍することを好んでいる」

フェラーリF1の離脱が決定しているセバスチャン・ベッテルもルノーF1に移籍する可能性があるが、ミッドフィールドチームへの移籍を疑問視する声が多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / フェルナンド・アロンソ / バルテリ・ボッタス