アロンソは8位(画像)
ルノーは、2008年F1第2戦 マレーシアGP決勝レースで、フェルナンド・アロンソが8位入賞で1ポイント獲得。ネルソン・ピケJr.は11位完走だった。

7番グリッドからスタートしたアロンソだが、1コーナーの混戦で順位を落とした。しかし、そのあと堅実なレース運びで順位をあげ、1ポイントを獲得した。

ネルソン・ピケJr.もF1初完走を果たし11位でレースを終えた。

パフォーマンス面に課題が残るルノー。スペインではアロンソ仕様ともいえるほぼBスペックに近いマシンが投入されるという。しばらく、我慢のレースが続きそうだ。

フェルナンド・アロンソ (8位)
「僕は、今日できる最善を尽くしたし、1ポイントを獲得した。通常のレース状況では、僕たちはパフォーマンス面でやや劣っていることがわかった。現在の僕たちの目標は、それぞれのレースでポイントを獲ること、もっと速く走れるように次のテストで懸命に作業することだ。」

ネルソン・ピケJr. (11位)
「メルボルンのあと、僕の第1目的であったレースでの完走を果たすことができて満足している。僕は今日たくさんのことを学んだし、僕たちの戦っているグループはとても競争的であり、完璧なレースをしなければならないことがわかった。でも、チームメイトに近くでフィニッシュしたし、それは励みになった。レースは難しいし、マシンはまだ十分な競争力がない。でも僕は進歩しているし、次のバーレーンでのレースでも維持したいね」

フラビオ・ブリアトーレ
「残念ながら、我々はフェルナンドのグリッドポジションをうまく活用できず、順位を落としてしまった。フェルナンドとネルソンはベストを尽くした。1ポイントを獲得しただけでは、なんの慰めにもならない。2週間後のパーレーンでより強くなって戻ってこれるように、ピンポイントで問題に取り組まなければならない。」

パット・シモンズ エグゼクティブ・エンジニアリング・ディレクター
「比較的に単純なレースであり、それは我々がどこに位置しているかをより明らかにさせた。それぞれのクルマについてあまり伝えることはない。2人のドライバーは単調なレースで、あまり戦略的なチャンスはなかった。我々がマシンを改善させるために懸命に働かなければならないことは明らかだ。トップとは大きなギャップがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / フェルナンド・アロンソ