ルノーF1の将来は5月29日に決定? … 重要なコスト削減計画を発表
ルノーF1チームの将来は早ければ5月29日(金)に決すことになるかもしれない。フランスの経済財務相であるブルーノ・ル・メアは、ルノーが“消滅”する可能性があることを認めた。

ルノーは、今後3年間で22億ドル(約2371億円)のコスト削減のために、多くのモデルを廃止し、いくつかの工場を閉鎖すると言われている。パートナーの日産は主にフランスで最大2万人の従業員を解雇し、フランスの経済財務相であるブルーノ・ル・メアは、ルノーが“深刻な財政難”にあることを認めた。

閉鎖が検討されている工場には、パリ北部フランにあるフラッグシップ施設も含まれているという。

「フランを閉鎖してはならない。これは政府と州株主としての立場だ」とブルーノ・ル・メアは Europe 1 に語った。

フランス政府と日産はルノーの最大株主であり、それぞれ15%の株式を保有している。

現在、フランス政府はルノーへの54億ドルの融資を交渉中だが、ブルーノ・ル・メアはまだサインしていない。

「ルノーの戦略が分かったらサインする」とブルーノ・ル・メアは語る。

「我々はルノーが生産性を高め、フランスでさらに多くの車両、特に電気自動車を生産してほしいと思っている」と語った。

ルノーのF1チームの将来は長い間疑われてきた。ルノーはV6ターボハイブリッドの“パワーユニット”導入の原動力であったにも関わらず、2014年に導入されて以降に開催された121戦で12戦(9.9%)しか勝つことができておらず、2018年にはエンジンカスタマーであるマクラーレンに“ベスト・オブ・ザ・レスト”の座を奪われてコンストラクターズ選手権5位に転落した。

以前にルノーのF1エンジンを使用していたレッドブルとトロロッソは両方ともホンダに切り替え、現在ルノーのF1エンジンを搭載しているマクラーレンは、2021年からメルセデスに切り替えることが決定している。そのため、ルノーは自社チームにのみF1エンジンを供給することになる。

また、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱をきっかけに起こった一連の移籍劇でルノーの事業の行き詰まりが浮き彫りになった。年間2000万ポンドでルノーと2年契約を結んでいた7回のグランプリウィナーであるダニエル・リカルドは、カルロス・サインツに代わってマクラーレンへと移籍することを決断した。

フィアットクライスラーとの合併案は、世界第3位の自動車メーカーを生み出したが、昨年は失敗に終わりました。一方、カルロス・ゴーンのスキャンダルによってすでに被害を受けているルノーは、大部分のメーカーと同様に新型コロナウイルスの継続的なパンデミックによって売上高に大打撃を受けている。

ルノーは来週の5月29日(金)にコスト削減計画を明らかにする予定であり、ルノーがF1から撤退することが発表される可能性が高いと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー