ルノーF1、セバスチャン・ベッテルとの交渉を否定
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2020年にセバスチャン・ベッテルがルノーF1チームに加入するとの噂を否定した。

シリル・アビテブールは、今シーズン末ダニエル・リカルドを失う可能性があることを認めている。

「彼は適切なベースがある場合にのみ残るはずだ。共有されたベースがある場合にね」とシリル・アビテブールは Canal Plus に語った。

「これは答えのない答えだが、序盤戦を見てみる必要があると思う。我々は前進を果たしているのか? 昨年よりも少し自信を取り戻しているのか? 彼はチームによりうまく統合し続けているのか?」

「そして、我々が持続できるプロジェクトがあると感じたら、なぜいけないのか?」

しかし、シリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドが2021年のドライバー市場に出た場合、力強い人物になることを認めている。

もし、ダニエル・リカルドがルノーF1チームを離れた場合、明らかな後任候補のの1人は、フェラーリでの将来が不透明な4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルかもしれない。

シリル・アビテブールは、セバスチャン・ベッテルについて「彼は素晴らしいドライバーであり、素晴らしいチャンピオンなので、ノーと言いたくはない」とコメント。

「我々はすでにエンジン側で一緒に仕事をしている。我々は一緒に勝った。私は昨日のドライバーではなく、明日のドライバーに取り組むことを目指している」

「しかし、そのように要約するのは難しい。セバスチャンとはそのように要約しないでほしい」とシリル・アビテブールは記者に語った。

シリル・アビテブールは、ルノーのジュニアドライバーであるクリスチャン・ルンガーがダニエル・リカルドのより有望な後任候補であることを示唆した。

「クリスチャン・ルンガーがおり、それは他の選択肢の1つだ」とシリル・アビテブールは語る。

「まず、彼にはF2シーズンがあるし、我々にはダニエルとやらなければならないシーズンがある」

しかし、シリル・アビテブールは、最初の選択肢はダニエル・リカルドと契約を更新することだと主張する。

「ダニエルはまだルノーとの選択に非常に愛情を抱いていると思う」とシリル・アビテブールは語る。

「理解できない英国の特定のメディアから非常に批判されてきた。しかし、人間、技術、スポーツの側面でプロジェクトを構築するというこの考えは、彼の心に近いものだ」

「彼は感情に導かれた人だ。彼それが良い選択であることが示される限り、彼の選択に通日であることを示したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / セバスチャン・ベッテル