ルノーF1 「発表会のために偽物のマシンを用意するのはお金の無駄」
ルノーF1、実車のないR.S.20の発表会による開発の遅れを否定

ルノーF1チームは、実車のない2020年F1マシン『R.S.20』発表が開発の遅れを示しているとの疑惑に反論。チーム代表のシリル・アビテブールは、見せるためだけのマシンを用意するのは無駄であり、R.S.20の開発はスケジュール通りに進行していると主張した。

ルノーF1チームは、2月12日(水)にパリで経営陣とドライバーが参加する2020年の体制発表会を開催したが、肝心の新車『R.S.20』に関しては最後にレンダリング画像で“チラ見せ”しただけだった。

実車が披露されない発表会に、一部の人々からはR.S.20の開発に遅れが生じているのではないかとの疑惑の目が向けられたが、シリル・アビテブールは、R.S.20の開発はスケジュール通りであり、12か月前よりも良い状態にあると主張した。

「もし何かあるとすれば、昨年よりもはるかにスケジュール通りに進んでいる」とシリル・アビテブールはコメント。

「皆さんは、昨年我々がエンストンに招待したときのことを覚えているかもしれない。実際、そこで我々はどれくらい遅れているかに言及した。それは事実だった」

「そして、それはスタート時の信頼性に影響を与えたかもしれない。なぜなら、遅れているときは、反応して、なんとき過ぎ去ってしまった列車に乗ろうとするからだ」

「今年は予定よりも進んでいる」

シリル・アビテブールは、R.S.20の実車が披露されなかった理由について、理論上のレンダリング、もしくは発表会でよく使われるダミーパーツをあたかも本物であるかのようにコメントするメディアに飽き飽きしたからだと説明した。

「昨年、我々は皆さんが書いたものを読み、我々が投稿した写真についてか彼らが書いたものに人々がどのように言っているかを読んだ。そして、人々が実際にマシンが実物であるかのように反応していることに非常に失望した」

「しかし、実際には誰も本物のマシンを披露することはできない。チームがスケジュール通りに進めている場合、ここで数時間または数日間待っていることができるマシンなどない。マシンは製造されてバルセロナに直行する。それが最適化されたスケジュールだ」

「そのため、我々の唯一の選択肢は、今年のマシンのように見せるための偽物のマシン、見えるように変更されたショーカーを用意することだった。だが、それはお金の無駄であり、結果は率直に言って最適以下になっていただろう」

「加えて、人々はそれに基づいて解釈しています。そうなるよりは、むしろマシンがない方がいい」

「マシンに興味がある人は来週の写真を見てください」

ルノーは、来週スペインのバルセロナで行われるプレシーズンテストの初日の朝にR.S.20の実車を公開する予定だとしている。

これまで2020年F1マシンを発表した2チームのうち、フェラーリは1回目のプレシーズンテスト仕様に近いとみられるマシンを披露。フェラーリは2回目のプレシーズンテストで開幕戦にむけて大幅なアップデートを投入すると噂されている。

レッドブル・ホンダは、スタジオショットを1枚公開して、シェイクダウンを実施するという方法を選択。メルセデスも手法をとる。ただ、メルセデスはイネオスとの大型契約の発表のために2020年のカラーリングを施したショーカーを擁している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー