アラン・プロスト 「ルノーF1は2021年を優先するべき」
4度のF1ワールドチャンピオンでルノーF1チームのディレクターを務めるアラン・プロストは、ルノーは2021年の新しいレギュレーションの“大きなチャンス”に焦点を当てながら2020年のF1シーズンを戦うことになると認める。

ルノーのワークスF1チームは、より少ない予算でメルセデス、フェラーリ、そして、レッドブル・ホンダという3強チームと戦うことを目標にしている。

「昨年、我々は自分たちのエンジンでレースに勝つことができることを示した」とルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは Auto Motor und Sport にコメント。

「マクラーレンはチームの再編と新しい人材で何ができるかを示した。彼らは我々よりも1年先に変化した」

アラン・プロストは、2021年の完全に新しいレギュレーションは、ルノーにとって“大きなチャンス”であり、先を見据えて2020年マシンへの作業は縮小することになると語る。

「我々がエンジンで達成したように頑張ることができれば、空力でも同じことができるはずだ」とアラン・プロストは語る。

「トップチームは2つのプログラムを実行するための予算がある。たとえ、彼らは2020年にごく普通に開発したとしても、2021年と両方の年のための予算は我々と同じだ」

明らかな結論は、ルノーは2021年に優先順位をつける必要があることだとアラン・プロストは語る。

「そうすれば、我々はトップチームとほぼ同じ条件で2021年に備えることができる。それは我々にとって非常に大きなチャンスだ」

しかし、ルノーは経営陣からプレッシャーをかけられており、F1の莫大な費用を正当化するための即時の結果が必要となる。

「今、我々は大きな決断を下さなければならない。ルノーのようなチームは2021年のために1シーズンを犠牲にすることはできない。我々は合理的にうまくやる必要がある」

したがって、ルノーにとっての任務は、2020年の“犠牲”が将来報われることを取締役会に納得させることになる。

「予算上限と新しい分配金が導入されれば、チームを財政的に再編することができる。そうなれば、現時点ではあまりに高額すぎるエンジンのコストだけが残る」とシリル・アビテブールは語る。

「誰もが2021年にむけて新しいエンジンを構築することになる。新車は異なるインストールと冷却が求められるからだ。だが、その後は、開発を凍結すべきではないという理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー