F1 ルノーF1
ルノーは、今後もF1活動を継続していくために2021年からF1エンジンの開発を凍結することを望んでおり、コスト面でチームの大きなメリットをもたらすと主張している。

FIAとF1、そして、F1チームは、2021年にむけた新レギュレーションを確定させるために議論しているが、エンジンメーカーはまだ今後のF1継続をコミットしてない。

議論は継続しており、標準化されたパーツの導入など、いくつかの話題があり、各チーム間の意見に不均衡が生じている。

F1エンジンの面では、MGU-KおよびMGU-Hを含む現在の1.6リットルV6ターボエンジンのフォーミュラを維持することでコンセンサスが得られている。

しかし、 Auto Motor und Sport によると、ルノーは、コストがかからない場合にのみF1の将来にコミットすると報道。ルノーのF1チーム代表であるシリル・アビテブールは、このメリットはまだ達成されていないと語る。

「予算の上限と公平な資金配分により、2つの要求が満たされるが、それだけでは十分ではない」とルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールはコメント

「2021年以降、エンジン開発も凍結する必要がある。いずれにしろ、それまでに全員が同じレベルになるだろう」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「4つのエンジンの出力とトルクが1%以内であることを較正済みのテストベンチで見つけた場合、開発を停止することは理にかなっている」と述べた。

また、レッドブル・ホンダを代表するヘルムート・マルコもこの提案を支持している。

「エンジンの凍結が必要だ。そうでなければ、コストが手に負えなくなる。最後のコンマ1秒は常に最も高価だ」とヘルムート・マルコはコメント。

「V8時代に開発の凍結によってどれだけのお金を節約できるかを見てきた。我々が今持っているこれらのモンスターでは節約はさらに大きくなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー