F1 ルノーF1
ルノーF1チームは厳しい2019年シーズンのスタートを切っているが、マネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、今シーズンの目標は変わっていないと主張する。

2016年にワークスチームとして復活して以降、ルノーF1チームは常に野心的な目標を定めており、今後数シーズンでワールドチャンピオンに返り咲くことを最終的な目標に掲げている。

昨年のコンストラクターズ選手権を4位で終えたルノーF1チームは、今年レッドブルからダニエル・リカルドを獲得。ベスト・オブ・ザ・レストの地位を確立し、3強チームとのギャップを縮めることを目標に掲げた。ダニエル・リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグとともにドライバーの才能に疑いはないが、今年はうまくはまっておらず、開幕5戦を終えてコンストラクターズ選手権で8位と低迷している。

未だ12ポイントしか獲得できていないルノーF1チームだが、シリル・アビテブールは、今のところ2019年の目標は変わっていないと主張する。

「我々はこの旅路の一部として心に留めてるパフォーマンスに戻りたいと思っている」とシリル・アビテブールは認める。

「我々の目標は同じままだ。現時点でそこから逸脱する計画はない」

「実際、それは全員に当てはまることだ。ハース、トロロッソ、マクラーレンもすべてをうまくやれば同じことができると確信している。ミッドフィールドはまだ非常にオープンだ。残りのシーズンの3分の2もそのままだと思っている。基本的にそれは良いニュースだ」

現在、コンストラクターズ選手権4位のマクラーレンとルノーF1チームとの差は10ポイントとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー