F1 ルノーF1
ルノーF1チームのスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、新しいパワーユニットに信頼性問題が発生するのは“やむをえない”ことだと考えており、再びベストなエンジンを生み出せると確信していると語る。

ルノーF1チームは、ニコ・ヒュルケンベルグが開幕戦で6位入賞を果たしてシーズンをスタートしたが、その後の2戦はリタイアを強いられている。一方、ダニエル・リカルドは開幕2戦でリタイアを喫し、第3戦中国GPでようやく7位完走を果たした。

ルノーのF1パワーユニットはMGU-Kの問題に見舞われているが、アラン・プロストは「現在、我々は限界にかなり近づいていることをわかっている」と Sky Sports F1 にコメント。

「信頼性問題はやむをえないこともある。それもゲームの一部であり、我々はそれを受け入れなければならない」

「我々は再びF1の最高のエンジンのひとつになるだろう」

「誰もそのことについて語っていないが、我々はデータを持っている。我々は一歩ずつそれを行っているし、最高のエンジンを生み出せるだろう」

アラン・プロストは、新加入のダニエル・リカルドの現在の状況についても心配っはしていないと語る。

「レッドブルの哲学は非常に特別なものであり、新しいチームに移籍することは困難だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー