F1 ルノーF1 エステバン・オコン
ルノーのF1チーム代表シリル・アビテブールは、エステバン・オコンの窮状についてメルセデスのモータースポーツ責任者であるトト・ヴォルフに反論。シートを見つけられないのは自分たちの責任ではないと語った。

エステバン・オコンは、2019年の移籍にむけてルノーと暫定的な契約を結んでいたが、ダニエル・リカルドの電撃移籍によって白紙化されてしまった。

さらにエステバン・オコンは、マクラーレンのドライバー候補に挙げられ、すでにファクトリーでシート合わせを行っていたが、マクラーレンは将来を期待して育ててきたランド・ノリスを手放すことを望まず、2019年のドライバーに起用した。

フォースインディアをローレンス・ストロールが買収したことで、ランス・ストロールが加入することは確実とされ、エステバン・オコンは2019年のF1シートを獲得できない危機に立たされている。

このような状況を受け、トト・ヴォルフは、エステバン・オコンが2019年のF1シートを見つけられずにいる背景には“隠された思惑”や“嘘”があるとして非難していた。

しかし、シリル・アビテブールは、トト・ヴォルフの怒りに反論した。

「トトの言葉に反応したくはないし、ストーリーは無限に続いている」とシリル・アビテブールはコメント。

「おそらくF1でトトが問題を抱えたのは初めてではないはずだ」

「我々がエステバンに大きな関心を抱いていたことは否定しないし、今後もそれは変わらない。だが、エステバンの現状においてルノーは小さな要因でしかないと思っている」


「メルセデスが自分たちのドライバーに対して行っている決断のことを忘れてはならない。フォース・インディアの状況とそこでメルセデスが果たした役割も忘れてはならない」

「個人的な話し合いの詳細に触れたくないが、契約が結ばれていなかったのは明らかだと言える。もし契約していたのであれば、トトも我々に対してそれを尊重するよう求められただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / メルセデス / エステバン・オコン