F1 ルノーF1 フランスグランプリ 2018年のF1世界選手権
ルノーF1は、F1フランスGPの予選でカルロス・サインツが7番手、ニコ・ヒュルケンベルグが12番手だった。

カルロス・サインツ (7番手)
「今日の結果にはとても満足しているよ! とてもポジティブな予選パフォーマンスだった。僕たちがベスト・オブ・ザ・レストになれるとは思っていなかったけど、素晴らしい仕事をしてチャンスを掴むことができた」

「レースではクリーンなスタートを切って、いい走りを見せられることを楽しみにしている。まずは天候がどうなるか見てみるつもりだ。複雑な天候やウェットコンディションは常にレースを面白くするし、僕もいつもそれを楽しんでいる。チームのホームの観客の前で力強い結果を残せることを期待している」

ニコ・ヒュルケンベルグ (12番手)
「期待外れなポジションだけど、自分のラップにはかなり満足していた。ターン9でオーバーステアが出てコンマ1秒くらい失ってしまった。限界を攻めているときはそういうこともある。週末ずっと追いつ追われつだったし、ちょっとトリッキーだった。いつものようにクルマへの愛情やハーモーニーを見い出せなかったし、難しかった。タイトな中団バトルっでは特に自信が必要だし、それがなければ、今日のようにQ3進出を逃してしまう。明日は12番手スタートだし、柔軟性があるので戦略で何かしらのことができるだろう。ホームの観客から多くの愛情とサポートを受けているし、全力を尽くして、出来る限り挽回したい。ポイントを獲得できると確信している」

関連:F1フランスGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1フランスGP