F1 ルノーF1 モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ルノーF1は、F1モナコGPの木曜フリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが7番手、カルロス・サインツが10番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (7番手)
「今日は僕たちにとって標準的な“金曜日”だった。あまり語ることはない。何度かフロントをロックさせて、酷いフラットストップができて走行が短縮されてしまった」

「午前中はクルマにあまり満足できず、かなり難しかったけど、僕たちは昼休みにとても良い進歩を果たしたし、FP2ではだいぶ満足できた。予選とレースにむけてかなり良いベースラインを得られたと思う」

カルロス・サインツ (10番手)
「全体的にチームにとってかなり励みになる一日だった。序盤から良いベースラインの作業ができて、P1で良いラップを刻むのに役立った。P2はトラフィックが多くて難しかったし、クリーンなラップを得るチャンスがなかったけど、クルマはだいたい望んでいる位置にいるし、土曜日にむけて再び改善させていく」

関連:
F1モナコGP フリー走行2回目:ダニエル・リカルドが最速タイム
F1モナコGP フリー走行1回目:ダニエル・リカルドが最速タイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー