ルノー
ルノーのトラックサイド運営ディレクターを務めるアラン・パーメインは、“精神的に厳しい”シーズンを終え、やっと2016年F1マシンを用済みにできることを嬉しく思うと述べた。

ルノーは、ロータスを買収して今シーズンからワークスチームとしてF1に復帰したが、発表の遅れの影響で2016年F1マシン『RS16』を十分に開発することができず、結果として、今年はチャレンジングな一年となった。

そのためルノーは、パッケージから最大限を引き出すために努力しつつも、レギュレーションが大幅に変更となる2017年に焦点を移行することを早くに決断した。

今年、ルノーは3度のポイントフィニッシュに留まり、8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権9位でシーズンを終了している。

「このクルマを用済みにすることは悲しくない」とアラン・パーメインはコメント。

「達成するとわかっているよりも高い期待をもって各レース週末に望み、Q1を通過するために毎週戦うことは精神的にきつかった」

「2015年はそれほど悪くなったが、2014年と2016年はルノーの全員にとって本当にタフだった。グリッドで順位を上げることを楽しみにしている」

「あらゆる部分で一段階良くなることを期待している。2017年はQ3進出を争ったり、もしくは快適にQ3に進めることをね」

厳しいシーズンに関わらず、ルノーのスタッフの士気はかなり上がっているとアラン・パーメインは語る。

「スタッフのことを誇りに思っている。レースチームだけでなく、ファクトリー全員、エンストン全員のね」とアラン・パーメインはコメント。

「ずっと楽になった。“今月の支払いはどうなるだろう?”などの精神的な心配はもうない」

「もちろん、今後、我々は結果を出す必要があるので、よりプレッシャーはある」

「財政状況は良くなっているし、エンストンは大きく変わっている。いくつかのエリアで建設作業が進んでおり、休息に変化している」

「ルノーは我々がもっと競争できるツールを与えてくれている。だが、それは一晩で変わるものではない。とは言え、プランは進行している。賢明だと思うし、シリル(アビテブール)やスタッフ全員がそれを実現するできると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー