ルノー
ルノーのレーシングディレクターを務めるフレデリック・ヴァスールは、2016年のどちらのドライバーも1年契約であることを認めた。

「両ドライバーは1シーズンの契約を有している」とフレデリック・ヴァスールは今季のドライバーを務めるケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーに言及。

「F1は常に動いているし、ドライバーが5〜6年留まると言うことはできない。現在の我々にとっては強力なベースを築いていることが重要だ」

実際、ロータスの買収を発表した際、ルノーは2016年の予想を低く設定している。

「ポイントあたりを戦っている」とケビン・マグヌッセンはコメント。「わずかにポイント圏外かもしれない。メルボルンで2台がポイントを獲得すれば、本当に良い週末だろうね」

フレデリック・ヴァスールは、2016年に勝つことはないだろうが、それはルノーにとってドライバーは重要ではないという意味ではないと述べた。

「適切なドライバーを起用することは非常に重要なことだ」とフレデリック・ヴァスールは主張。

「チームドライバーとして、もちろん、彼らの上で編成されている。だが、まず何よりも彼らが良い結果を出せるクルマを届ける必要がある。正しい順番でなければならない」

ジュニアカテゴリーで成功を収めたARTの創設者であるフレデリック・ヴァスールは、すでにF1パドックでも厳しい男として評判になっている。

「私はそれに答えるのに相応しい男ではないね」とフレデリック・ヴァスールと笑う。「でも、そうだね、私のリーダーシップ・スタイルは厳しいかもしれない。そのようなことを聞くのは初めてではないしね!」

実施、ケビン・マグヌッセンへのフレデリック・ヴァスールの歓迎のメッセージは、2016年のファーストチェイスはマクラーレンのストフェル・バンドーンだったというものだった。

しかし、フレデリック・ヴァスールは「ケビンのことは長い間知っていたし、彼は結果を出すと確信している」と主張。

「かなり献身的な男だとチームからフィードバックを受けている。ケビンは本当に評判がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ジョリオン・パーマー / ケビン・マグヌッセン