ルノー、F1撤退と警告
ルノーは、コストが削減され、F1の商業収入の分配金が増額されないならばF1を撤退する可能性があると警告している。

ルノーのパトリック・ペラタ最高執行責任者は「我々は契約費用が下がり、より多くの分配金を求めている」と語る。

「F1の感動とスペクタクルの一部として残りたいが、交渉が失敗すればタブーはない」

明日FOTAのプレスカンファレンスが行われるが、月曜日にFOTAの会議が開かれ、舞台裏では激しいやり取りがあったとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー