ルノー
ルノーは、ロータスF1チームを買収し、2016年からワークスチームとしてのF1参戦を開始すると正式に発表した。

ルノーは、9月にはロータスとの基本合意書にサインしたことが明らかにされていたが、その後10週間、正式な発表はなされず、状況は不透明なままだった。

F1アブダビGPの週末には、バーニー・エクレストンとルノー・スポールのジェローム・ストロール会長が会合を開いていた。

その場で、ルノーのコンストラクターズ選手権でのボーナスと歴史的に重要と認められたチームに与えられる“ヒストリック”プライズマネーを受け取れるかどうかが話し合われ、そこでバーニー・エクレストンが提示した最終的な金銭的オファーをルノーのカルロス・ゴーンCEOが検討し、ワークス参戦にゴーサインを出したと言われていた。

3日、ルノーは、2016年から自身のワークスチームでF1参戦を行うと正式に発表した。

「ルノーには二つの選択肢があった。100パーセントの形で復帰するか、去るかのどちらかだった」とカルロス・ゴーンは述べた。

「詳細を検討した結果、私はルノーが2016年からF1に参戦することを決定した」

「F1の主要な利害関係者によって示された最終的な詳細を見て、この新たなチャレンジを引き受ける自信を得た」

「我々は勝つという野心を持っている。多少時間がかかろうともそれを目指す」

ルノーは少なくとも2024年までF1に参戦することを認めており、最初の6年分の支払いを受け、ヒストリックステータスも得たようだ。

ルノーへとオーナーが変わるため、チーム上層部の体制も変更されるが、現在のチームプリンシパルであるジェラール・ロペスは残る見込みだ。

マシンカラーは、ルノーのコーポレートカラーであるイエローになるとみられている。

ルノーは、詳細なF1プログラムについては1月に発表するとし、今回の発表ではレッドブル・レーシングとの新契約には触れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ロータス