ルノー
ルノーの取締役にとっては、公的に批判を続けてきたレッドブルと続けていくことは難しいとシリル・アビテブールは述べた。

レッドブルは、ルノーのパワーユニットに不満を抱き、1年早く契約を終了することを発表したが、メルセデスから供給を拒否され、フェラーリとの交渉も失敗に終わったことから、ルノーとの2016年末まで契約を続けるために交渉を再開したと Autosport は報じている。

ルノー・スポールのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ルノーとして来年に関する“公式なコメント”はなく、どの発言も“他社”がしているだけだと前置きして質問に答えた。

レッドブルと継続していくことについて、シリル・アビテブールは「肝心なことは我々はルノーにとって利益となることをしていくということだ」と述べた。

「我々が予想されていることと異なることをする場合、それはルノーにとって利益とならなければならないし、スポーツの中でのプレイヤーとしてのルノーの目的に叶っていなければならない」

「しかし、率直に言って、我々が扱われてきた方法を見れば、現在、計画されている以外のことをするのは、取締役と重役にとっては非常に難しいだろう」

「重要なのは、レッドブルとルノーの意向であり、我々が検討する必要があるのはそこだ」

「我々は長く、実りの多い関係を築いてきたが、明らかにスタートよりも終わりに近づいているように見える」

「私としては全員が前に進められる方法を見つけられることを願っている」

「しかし、彼らはこれ以上ルノーと働きたくはないという事実について非常に強いコメントをした。現在、他のことを判断するのは難しい」

だが、シリル・アビテブールは、契約を解消したというコメントはあくまでレッドブル側が発したことであり、ルノーとしては正式には述べていないと主張した。

「契約が解除されたという事実は、(ディートリッヒ)マテリッツ、クリスチャン・ホーナー、ヘルムート・マルコによるコメントだ」

「ルノーは声明を出しておらず、私が現有できるのはルノーによって出された声明だけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | レッドブル