ルノー
ルノー・スポールF1のシリル・アビテブールは、エンジンエキスパートであるマリオ・イリエン率いるイルモアとの新たな提携を歓迎している。

マリオ・イリエンは、マクラーレンをタイトル獲得に導いたメルセデスエンジンを手がけた人物。

ルノーのエンジンを搭載し、王座をメルセデスに奪われたレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「ルノーがイルモアと仕事をするようになったのは素晴らしいこと」とコメント。

最終戦の会場となったアブダビでは、レッドブルのガレージにマリオ・イリエンの姿があった。

ケータハムの元チーム代表で、ルノーに復帰したシリル・アビテブールは、マリオ・イリエン率いるイルモアがルノーF1プロジェクトの“いくつかの課題を担っている”と認める。

シリル・アビテブールは「イルモアは他のシリーズで使われる同様のエンジンで広範囲の経験を有する強力な企業だ」とAuto Hebdo にコメント。

「一組の解決策を分析する必要性がある状況においてはとても有益だ」

シリル・アビテブールは、マリオ・イリエンと提携した重要な理由のひとつに“フランスの中心でこれだけ複雑なハイブリッドシステムを生み出すのは容易ではない”ことを挙げ、「私たちは、毎晩あらゆるところからエンジニアがビールを飲みに来るパブがあるようなイギリスの“モータースポーツバレー”にいるわけではないからね」と付け加えた。

ルノー・スポールF1は、フランスのヴィリー・シャティヨンに本拠地を構えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー