ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、来年ルノーでのF1デビューに「十分な可能性」があると語った。

ディ・グラッシィは、2008年はルノーのテストドライバーと務める傍ら、GPの優勝候補としてレースを戦った。

「僕が来年F1にいる可能性は十分にあるよ」とディ・グラッシは語る。

ディ・グラッシは、フェルナンド・アロンソもしくはネルソン・ピケJr.の後任としてルノーに留まることが「第一の選択肢」と語るが、他のチームでF1デビューする可能性も否定しない。

「選択肢はルノー次第だ。彼らは僕の契約を延長する可能性があるので、ルノーにいるか、他のチームと交渉することができるか、彼らの決定を待っている」

来シーズン、ネルソン・ピケJr.の放出は確実との噂があり、ルーカス・ディ・グラッシかロマン・グロージャンがルノーのシートを獲得するのではとの憶測がなされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ルーカス・ディ・グラッシ