レッドブル、ホンダF1への知的財産権の返還をフェラーリに説明との報道
フェラーリは、2026年から導入される新しいF1エンジンレギュレーションに同意することを決定したとCorriere dello Sportが報じている。

フェラーリは、レッドブル・パワートレインズがニューカマーとして「優遇処置」を受けることに納得せず、2026年のF1エンジンレギュレーションに合意することを拒否したため、昨年12月行われたレギュレーション会議への参加を拒否された。

2025年までホンダが製造したF1パワーユニットを搭載するレッドブルだが、2026年からはレッドブル・パワートレインズが設計した完全に新しいF1パワーユニットを搭載するとしている。

その結果、レッドブル・パワートレインズは、F1へのニューカマーと見なされるため、テストと投資のためにより多くの時間と自由が与えられるが、伝えられるところによると、レッドブルはホンダF1のノウハウにすでに完全にアクセスできるため、フェラーリはこれは不公平だと考えていた。

レッドブル・パワートレインズは、フェラーリに、F1エンジンの知的財産権がホンダF1に返還されており、それ自体を使用したことはないことを伝えたが、それでもフェラーリはまだ同意しないことを決定し、考えを変えることはなかった。

フェラーリは、メルセデスとルノーが同じスタンスをとることを望んでいたが、両社はレッドブル・パワートレインズの主張が新しいレギュレーションにサインアップするのに十分であると判断した。その結果、フェラーリは折れ、最終的には2026年のF1レギュレーションを承認する意向だとCorriere dello Sportは伝えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / ホンダF1