レッドブルF1首脳 「ペレスはフェルスタッペンに挑戦することはできない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスの2023年のF1タイトルへの野心に疑問を投げかけ、チーム内でマックス・フェルスタッペンに挑戦できるドライバーはいないとした。

セルジオ・ペレスは、過去2年間でマックス・フェルスタッペンに説得力のある敗北を喫してきたが、来年のF1タイトルに挑戦することを視野に入れている。

マックス・フェルスタッペンは2021年と2022年に連続してタイトルを獲得し、その間に44レース中25勝(57%)を達成した。

一方、セルジオ・ペレスは同じ期間でレッドブルで3勝を挙げている。

ヘルムート・マルコは、特定のイベントではセルジオ・ペレスにはマックス・フェルスタッペンに挑戦する能力があると強調するが、シーズン全体でそれを見ることはできないと語る。

「チェコは確かに1~2レースで勝つことができる」とヘルムート・マルコはBildに語った。

「だが、今のところ、彼がシーズンを通してマックスに挑戦できるとは思えない。全般的に現在それを実行できる人はいないと思う」

セルジオ・ペレスは2022年に2勝を挙げた。モナコとシンガポールのストリートイベントで優勝した。

レッドブル・レーシングは、支配的なキャンペーンを楽しみ、シーズンで17レースで優勝し、両方のチャンピオンシップを獲得した。

しかし、それは2022年シーズン開幕戦で信頼性に複数の懸念があり、苦境から挽回しての成功だった。

「2023年も同様に優勢になりたいと考えている。改善の余地は常にある。たとえそれが非常に困難であったとしてね」とヘルムート・マルコは語った。

「信頼性の面での改善が必要だ。最初の3レースで、技術的な欠陥により3回リタイアした」

「ブラジルではセットアップが適切ではなかった。我々は例外的なシーズンを過ごしたが、すべてが完璧だったわけではない」

「メルセデスとフェラーリを打ち負かすには、まだ完璧な日が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル