レッドブルF1首脳 「ホンダと交渉するために日本に飛ぶ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダと交渉するために日本に飛ぶと語った。

2026年の新世代F1パワーユニットに向けて、レッドブルはポルシェとパートナーシップについて交渉していたが、今年9月に交渉は決裂したことが発表された。

最近、FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、レッドブルとのの2026年に関する交渉が決裂したにもかかわらず、ポルシェが他のチームとの話し合いが進行中であることを示唆していた。

レッドブルの創業者であるディートリッヒ・マテシッツが最近亡くなり、新たにスポーツ関連のCEOにオリバー・ミンツラフが就任したことで、レッドブルとポルシェの話し合いが再開される可能性が示唆された。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルとポルシェとの交渉が再開される予定であるとの報道を否定した。

「ノー」とヘルムート・マルコはオーストリアのLaola1に語った。

「しかし、私はホンダとの交渉のために日本に飛ぶ」。

最近、79歳のヘルムート・マルコは、まだレッドブルの新しい経営陣との最初の詳細な会談をしていないことを認めており、自分自身の契約を再交渉しなければならないと考えられている。

「私はディートリッヒ・マテシッツへの愛情から仕事を遂行した。彼は全体像のすべてを完全に理解している先見の明のある人物だった」とヘルムート・マルコは語った。

「雰囲気が自分に合わなくなったと理解できれば、問題はない。今日でも、明日でも離れることができる。しかし、幸運なことに、火はまだ燃えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1