レッドブルF1首脳 「我々が予算上限ペナルティにうろたえることはない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、予算上限ペナルティが今後のレッドブル・レーシングの競争力に与える影響を軽視している。

FIA(国際自動車連盟)は先月、レッドブル・レーシングが2021年の予選上限を140万ポンド上回った(税額控除が適切に適用されていれば50万ポンド)として、700万ドルの罰金と、2023年には空力テスト時間の10%削減というペナルティを科した。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは「700万ドルは大金だ。だが、それが彼らを傷つけることない」とドイツの放送局ntvに語った.

「来年の予算上限が他のチームよりも500万ドル少ないと言うならば、それはマシンの開発に大きなダメージを与えるだろう」

また、ギュンター・シュタイナーは、風洞テスト時間の 10% の短縮が、レッドブルに不利になるように「実際に機能する」ペナルティであるとは考えていない。

「レッドブルはそれを補うのに十分だ」とギュンター・シュタイナーは語った。

「彼らは他のことをすることができる」

「彼らにはまだどこかを開発する機会があるし、開発はまったく止まらない。車の別のエリアに移動しただけだ」

「代わりに車重に取り組むことができる。お金でできることはたくさんある」

興味深いことに、レッドブルF1のモータースポーツアドバザーであるヘルムート・マルコでさえ、実質的にギュンター・シュタイナーに反対しているようには見えない。

「行動を制限されることで我々がうろたえることはない」とヘルムート・マルコは Osterreich に語った。

「我々はそれをモチベーションで補っていく。それに風洞作業を軽量化やサスペンション戦略などの他の活動で和らげることもできる。それらは論理的な結果だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル