レッドブルF1、予算上限超過によるタイトル剥奪などの“厳罰”は回避?
レッドブルF1は、予算上限スキャンダルの中で“厳しい”ペナルティを免れることになるようだ。

FIA(国際自動車連盟)は水曜日にコンプライアンス「証明書」を発行する予定だが、先週末のシンガポールのパドックでは、レッドブルF1が最大1000万ドルの予算上限違反をしているとの噂で埋め尽くされた。

「結果が公表されるのを待たなければならない」とメルセデスF1の元ボスであるノルベルト・ハウグはmotorsport-total.comに語った。

「しかし、限界を超えていたことが証明できれば、その措置は非常に厳格でなければならない。予算上限は、F1 のレギュレーション全体で最も重要な側面の1つだ」

「それが守られなければ、他のすべてはまったく意味をなさなくなる」

ノルベルト・ハウグの意見は、F1パドックの多くの人々に共有されているが、1,000万ドルの侵害の噂はまだ確認されていない。

情報筋によると、レッドブルF1はチームの会計処理に関するFIAの不満のいくつかを説明し、軽微な違反となる5%のしきい値を下回ったと報告されている。

それらの同じ情報筋は、風洞の使用制限と同様に、レッドブルとアストンマーティンの両方に750万ドルの罰金が科せられるとしている。

別の情報筋は、コンストラクターズ選手権から50ポイントの減点の可能があるとしているが、それは2021 年または2022 年のタイトルレースの結果には影響しないだろう。

「クリスチャン・ホーナーは、レッドブルが3月にFIAに与えたものはすべて正しく、コスト上限の範囲内であると言っている」とウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートはRTLに語った。

「そして、彼を信じない理由はない」

ヨースト・カピートは「まだ本当の証拠がない」ため、レッドブルF1の重大な違反はあくまで「噂」にすぎない付け加えた.

しかし、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、たとえレッドブルF1の違反がわずか400万ドルだったとしても、それは依然として大きな問題であると主張している。

「400万? それは我々の1シーズンの開発予算全体だ」とマッティア・ビノットは語った。

「より良い解決策を見つけるために70人の技術者とエンジニアに支払うことができる。それで1周0.5秒短縮できる」

「この競争上の優位性は、次のシーズンにも影響を与える。信頼性がすべてであるため、これは重要な問題だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル