レッドブルF1首脳 「アルファタウリのドライバー問題は鈴鹿までに解決」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アルファタウリの2023年のF1ドライバーランナップにまつわる“不確実性”は来週の鈴鹿でのF1日本GPまでに解決するはずだと語る。

今週、フランスのCanal+は、レッドブルがアルファタウリの2023年のドライバーとしてニック・デ・フリースと契約し、ピエール・ガスリーはアルピーヌF1チームに移籍することになると報道。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、F1イタリアGPでのウイリアムズとのニック・ド・フリースの印象的なF1デビューに続いて、最近オーストリアでデ・フリースと会ったことを否定していない。

「ガスリーはアルファタウリと2023年まで契約を結んでいる」とヘルムート・マルコはオーストリアの放送局ORFに語った。

「しかし、アルピーヌが彼を来年獲得することに非常に興味を持っていることは周知の事実だ」

「我々は話し合いをしている。それは本当だ。それはアルピーヌにとって非常に良いことだと思うが、それがアルファタウリにとって不利益になってはならない」

「双方を満足させる解決策があれば、我々はピエールのようなドライバーの邪魔をすることはないだろう。彼はフランス人であり、彼にとっては大きな一歩であり、夢が叶うことになるだろう」

「しかし、それは我々にもフィットしたものでなければならない」

当初、ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーの後任としてインディカー スターのコルトン・ハータを望んでいたが、必須のF1スーパーライセンスの資格がなかった。

しかし、ニック・デ・フリースは許容できる「プラン B」かもしれない。

最近、27歳のニック・デ・フリースと一緒にグラーツのオフィスを訪れたことについて質問されたヘルムート・マルコは、「どうやらもうどこにも行けないようだ」と語った。

「私が言ったように、それは双方にとって有益でなければならない。ピエールを彼の契約から解放するなら、我々は代わりを必要とするだろう。それが我々がニック・デ・フリースと話し合った理由だ」

ニック・デ・フリースも、最近、ヘルムート・マルコと会ったことを認めている。

「モンツァは僕にとって素晴らしい週末だった」とニック・デ・フリースはシンガポールのViaplayに語った。

「それについて多くのニュースがあったけど、もちろん歓迎だ」

「僕がオーストリアに行き、アルピーヌでテストを行ったことは秘密ではないん。皆さんにとってそれ以上のことはない」

ヘルムート・マルコは、来週末の「鈴鹿まで」に不確実性はすべて解消されるはずだと語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / アルピーヌ / ニック・デ・フリース