レッドブルF1代表 「新規エンジンサプライヤーには2つの不利な側面がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エンジンサプライヤーとして新規参入するには2つの不利な側面があると語る。

レッドブル・レーシングの責任者であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルの2つのF1チームの両方にF1パワーユニットを生産するために新しく設立されたレッドブル ・パワートレインズのビジネスも監督している。

新しいF1パワーユニット規制は、新しいメーカーと既存メーカーの両方を平等な競争の場に置くための白紙の状態を提供することを目的としているが、内燃エンジンの仕様に対する技術的な変更は、当初の計画から後退し、既存のメーカーが優位性を維持できるのではないかという懸念が残っている。

メルセデス AMG ハイパフォーマンス パワートレインの責任者であるハイウェル・トーマスはそれを否定する。

「キャリーオーバーに関しては、内燃エンジンの非競争的な部分がある」とハイウェル・トーマスは説明する。

「寸法、使用できる材料の技術に関してのその部分の規制はかなり厳しい。そして、それらは我々が現在レースをしているものと非常によく一致している」

「そのような技術分野では大きなキャリーオーバーがあるが、実際にはキャリーオーバーではない。なぜなら、コンポーネントは現在の規制に非常に近いものだが、まったく同じではないからだ」

「燃焼エンジンは、競技的なものとと非競技的なものの半分に分かれている。非競争の半分は非常に似ているが、完全に引き継がれるわけではない」

だが、レッドブル・パワートレインズのオペレーションは、F1パワーユニット供給スペースの新しいメーカーであるため、メルセデスのような確立されたプレーヤーとは異なる意見を持っている。

「明らかにエンジンは進化している。ハイウェルが言ったように、キャリーオーバーの大きな要素がある」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「もちろん、ゼロから始めているニューカーマーにとっては、非常にチャレンジングなことです。なぜなら、おそらくエンジンのボトムエンドがより規範的であろうとしているにもかかわらず、F1エンジニアのパフォーマンスが常にあり、彼らがパフォーマンスを見つけるためにどれほど創造的であるかを示しているからだ」

「したがって、ニューカマーにとって最大の欠点は 2 つの側面だと思う」

「1つは、追いつく必要があるということだ。我々は、これらのレギュレーションの約10年で持っていないノウハウと知識の根拠をカバーしようとしなければならない」

「そしてもちろん、予算上限の制約の範囲だ。ニューカマーにとって1000 万ドルというのは、特にエンジンに関して言えば、特にICE テクノロジーのキャリーオーバーで知識とノウハウを追いつくことができるという点で、かなり倹約的だ」

「これらの金融規制内でのニューカマーにとってのもう1つの課題は、施設を設立することだ。なぜなら、レッドブル・パワートレインズが行っているように、もちろんゼロから始めるからだ」

「ニューカマーとして、施設に関して自分たちをポジションに入れようとするのは大きな負担だ。我々は公平な競争の場を望んでいただけだ」

F1パワーユニット開発の凍結は現在実施されており、金融規制はメーカーが既存の設計と2026年の設計で並行開発プログラムを実行することを防ぐために設計された動きとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル