レッドブルF1首脳 「フェラーリはほぼすべてを間違ってきた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリはF1ワールドチャンピオンを賭けた戦いで「ほぼすべてを間違っている」と語る。

フェラーリのF1マシンは、今年これまでのところレッドブルよりも間違いなく速かったが、シャルル・ルクレールは、現チャンピオンのマックス・フェルスタッペンにな80ポイントもの差をつけられている。

このようなポイント差はどのようにして可能になったのかと質問されたヘルムート・マルコは「(フェラーリ)がほとんどすべてを間違った行ったことによる」とOsterreichに語った。

「たとえば、ブダペストでは、初めてタイヤを適切な温度ウィンドウに収めることができず、間違ったピット戦略を選択した」

しかし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、シャルル・ルクレールが実際に新品のミディアムタイヤをすべて使用してしまったと指摘し、フェラーリのF1ハンガリーGPの判断を擁護しました。

「それなら、なぜ彼らは中古のミディアムタイヤを使わなかったのか理解できなんい。ハードよりも良かっただろう。代わりに、トトとメルセデスを2位と3位のビッグウィナーとして祝うことになった」とヘルムート・マルコは主張しました。

メルセデスF1のリファレンスを明確にするように求められたヘルムート・マルコは「マックスのパフォーマンスが適切に評価されることを望んでいる」と語った。

「彼は、これまでの後方からのスタートではチャンスがないと言われているトラックで10位から勝った」

昨年のメルセデスF1とルイスハミルトンとの激戦に比べて楽なシーズンを享受しているかと質問されたヘルムート・マルコは「そうだね。これほど楽しいことは滅多にない」と認めた。

「ほぼ毎週末が喜びだ。すべてに神経質になっていた昨シーズンとは大きく異なる。フェラーリが多くのミスを犯しているのは少し残念だ」

「彼らは彼らの価値をはるかに下回っており、我々は彼を本当に気の毒に思う。しかし、彼らはあのような強力な車を持っているので戻ってくるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ