レッドブルF1の名参謀ハンナ・シュミッツが語る「レース戦略」と「状況判断」
F1ハンガリーGPでは、マックス・フェルスタッペンの逆転勝利の鍵を握ったレッドブル・レーシングの女性ストラテジストのハンナ・シュミッツが脚光を浴びた。

予選でエンジントラブルに見舞われて10番グリッドからスタートすることになったマックス・フェルスタッペンは、11番手スタートとなったチームメイトのセルジオ・ペレスとともに中団からポジションを挙げなければならない状況に陥った。

当初、レッドブル・レーシングは、想定されたタイヤ戦略のリバースストラテジーとなるハードタイヤでのスタートを計画していた。しかし、グリッドに着くまでのレコノサンスラップでのソフトタイヤでも熱入れに苦労したというドライバーからの報告から判断し、直前にソフトタイヤでのスタートに変更。その決断がマックス・フェルスタッペンの優勝とセルジオ・ペレスの5位という挽回劇につながった。

レース後、マックス・フェルスタッペンは「今日、僕たちのストラテジストであるハンナ(シュミッツ)は非常に冷静だったし、彼女は非常に優秀だと思う」とハンナ・シュミッツを称賛した。

F1ハンガリーGPの戦略についてハンナ・シュミッツは「私たちはポジションからのスタートでは、より“クラシック”な戦略の1つは、特にハンガリーのようにオーバーテイクが難しい場合に、より硬いタイヤからスタートしてはるかに長く走ることです」とSky Sports F1の番組Any Driven Mondayで説明した。

「しかし、実際には、レース前に、コンディションが少し湿っていて非常に涼しい場合、代替としてソフトタイヤを検討できることについて多くのことを話しました。そのようなコンディションではソフトタイヤの方が良いかもしれないからです」

「その後、グリッドまでのラップで、両方のドライバーが、すでにソフトタイヤを履いていたにも関わらず、グリップがほとんどないことについて非常に声を上げていました。クリスチャン(ホーナー)とも長い話し合いをして、ソフトタイヤに変更することに決めました。空気中に少し雨が降っていたので、その条件には本当に良いタイヤでした。

「実際に私たちの懸念は、最初のスティントを価値あるものにするために十分な進歩を遂げることができるかどうかでしたが、明らかに両方のドライバーが大きな進歩を遂げました」

ハンナ・シュミットは、戦略的な判断を下すことは、チーム全体の共同作業が重要だと語った。

「私たちはチームでであり、週末を通して全員の異なる意見や見解に耳を傾けながら、協力的に作業を進めていきます。数字やデータだけの問題ではありません。ドライバーは車に乗って様々なことを感じているのでそれを考慮しますし、レースエンジニアは戦略担当者とは異なるデータを見ているのでそれも考慮に入れます」

「全ての情報を受け入れて、すべてのことを議論します。最終的にはそれが戦略上の判断につながります。そうして最終的な決定が下すされます。チームとして取り組み、できるだけ多くの情報を活用して決定を下します」

F1ハンガリーGPは、戦略面で非常にエキサイティングなレースだったハンナ・シュミッツと語る。

「ストラテジストにとって本当にエキサイティングなレースでした。典型的な戦略であるアンダーカットを成功させるために、たくさんのことを行う機会を得ました。1ストップのレースと比較すると、とてもエキサイティングでした」とハンナ・シュミッツは語る。

「フェラーリはミディアムタイヤでスタートし、ミディアムを2セット使っていたので、最後はハードかソフトに換えるしかありませんでした。あの状況では、彼らにとって判断を下すことはより難しかったかもしれません」

「幸いにも、私たちはソフトでスタートしたので、その後はミディアムを2セット使うことができました。そして、レースタイヤとしてミディアムは圧倒的に優れていました」

「冷静でいることは、ストラテジストにとって最も重要な資質のひとつだと思います。ある人から教わったことなのですが、両手をひっくり返して、手のひらを下に向けると、自分の言っていることがより明確で堂々としたものになります」

また、The Telegraph のインタビューでは、ハンナ・シュミッツ自身、レースの翌日もまだアドレナリンが出ていたと認め、、ハンガリーのレースの準備はすでに 3 週間前に何十億ものシミュレーションから始まったと説明した。

「レース前に、このレーストラックでの過去3年間のレースデータと、今シーズン収集したすべてのデータを調べました」とハンナ・シュミッツは語った。

「誇張しているわけではありませんが、何にでも備える必要があるため、何十億回ものシミュレーションを行っています。それでも、決定は白黒ではないので、レース中の特定の状況に対応する準備ができている必要があります。」

F1モナコGPでセルジオ・ペレスを勝利に導いた戦術にも責任を負っていたハンナ・シュミッツは、ドライバーがいつピットインするかについての決定を担当しており、考えられるあらゆるシナリオを考慮して即興で行う必要があることがよくある。

「私の仕事は、常に何をする必要があるかを知ることです。土壇場で決めることはできません、事前に頭の中で計画を立てる必要があります」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル