レッドブルF1代表 「ポルシェと契約はDNAを失うものであってはならない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェと契約を結ぶことになっても、チームのDNAは保持する必要があると語る。

レッドブル・レーシングは、新しいF1エンジン規制が施行される2026年以降、ポルシェとパートナーシップを結ぶと予想されている。

モロッコ政府からリークされた文書によると、ポルシェはレッドブルF1チームの 50% の株式を取得してF1に参入する予定となっている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、2005年からマニュファクチャラーとしてF1に参戦してきたレッドブル・レーシングは、予想される合意の中で独自の特徴を失うことはできないと主張している。

「ポルシェのような企業は、巨大な企業であり、偉大な遺産であり、驚異的なブランドだ」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「もちろん、そこには魅力がある」

「しかし、どのようなパートナーシップも、レッドブルの哲学、当然ながらそのDNA、我々の文化、レースのやり方、そして私たちが達成したことと一致する必要がある」

「それを変えないということが議論の絶対的な基本になる。我々が成功したのには理由がある。そして、もちろん、関与にといて議論されているあらゆる条件がある」

ポルシェは現在、スポーツカーレースに携わっており、2010年代にFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスで成功を収めましたが、短期間だった。

レッドブル・レーシングは、短期的なパートナーシップには関心がなく、いかなる提携も長期的な視野を念頭に置いて行われると語る。

「これについては多くの憶測が飛び交っているが、我々は議論の段階にあるだけであり、基本的な部分であるレギュレーションに基づいた非常に多くの注意事項がある」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「レッドブルは、最初はスポンサーとして、次にチームオーナーとして、次にダブルチームオーナーとして、そしてサーキットのプロモーターとして、F1へのコミットメント、スポーツにおける長寿を実証してきたと思う」

「そして、我々が見ているものはすべて、長期的なことを念頭に置いていると思う。短期的な解決策は考えていない」

「戦略的に、レッドブルがF1へのコミットメントのために立てている長期計画の範囲内で適合しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ