レッドブルF1代表、ヘルムート・マルコに批判されたペレスを擁護
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコから非難されたセルジオ・ペレスを擁護した。

セルジオ・ペレスがQ2で敗退したF1ハンガリーGPの予選後、ヘルムート・マルコは、ペレスがすでに「夏休みモード」に入っていると非難した。

だが、クリスチャン・ホーナーは「先日、ヘルムートに冗談で『チェコはもう休暇に入ってしまったんだと思う』と言ったら、彼はみんなに話してしまった!」とSky F1に笑った。

クスチャン・ホーナーは、F1ハンガリーGPでのセルジオ・ペレスのレースを称賛。11番グリッドからスタートしたペレスは5位でフィニッシュした。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、バルテリ・ボッタスのコース上でのストップに続くバーチャルセーフティカーの介入が遅れていなければ、セルジオ・ペレスは表彰台に挑戦していたと確信している.

「今日の後半のチェコのレースを見てほしい」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「あのVSCがなければ、彼は終盤にジョージ(ラッセル)とカルロス(サインツ)の両方の表彰台に挑戦していただろう。彼はとても速かった」

「夏休みの間にリセットし、最後の数レースで彼にとって何がうまくいかなかったのかを理解すると思う。彼はスパ以降に強くなって戻ってくるだろう」」

ペレスのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPで優勝し、2022年シーズンで8回目の優勝を果たした。

土曜日の困難な一日の後、クリスチャン・ホーナーは、フェラーリがシャルル・ルクレールをハードタイヤに交換したのを見て、レッドブルが勝利のチャンスを嗅いだと語った。

、ソフトタイヤは思っていたよりもはるかに長く走れた。その時点で、2ストップにコミットし、ソフト - ミディアム - ミディアムで進めた」

「いくつかの重要な瞬間があったと思うが、我々にとってレースの重要な瞬間は、シャルルがハードタイヤに履き替えるのを見たときだった。『オーケー、これで我々は本当にチャンスが訪れた』と思った」

「チェコは素晴らしかった。彼は別の戦略をとっていた。彼はマックスをすぐにシャルルの後ろにつかせてパスさせた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1ハンガリーGP / セルジオ・ペレス