レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのPUは交換しなければ3周で壊れた」 / F1ハンガリーGP 決勝
F1ハンガリーGPのマックス・フェルスタッペンの予選はパワーユニットの問題によって台無しになったが、もし土曜日にそれが起こっていなければ、決勝に出場することさえできなかっただろうとレッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは考えている。

フェルスタッペンは、予選でパワーユニットに問題が発生したため、10番グリッドからレースをスタートした。レッドブル・レーシングは決勝前にパワーユニットを変更し、それが故障するポイントまできていたことを発見した。

「昨日、マックスのマシンでコンポーネントが壊れたため、パワーユニットを交換した」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「ありがたいことに、今ここに座って後から考えると、グリッドに向かう途中の12 kmで壊れていただろう。だから、昨日壊れたことに感謝している」

「そのため、フィールドで修理を試みるのではなく、パワーユニット全体を交換することを選択した。予防措置としてチェコのパワーユニットも交換しました。」

マックス・フェルスタッペンはレース中に別の問題に遭遇し、無線でレースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼと話し合った。クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのクラッチがトラブルを引き起こし始めていたと語った。

「レースの早い段階でマックスの車にクラッティの問題が発生し、彼はそれを管理していた」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「気温が少し制御不能になってきていた。それが、特に最初のストップの後、しばらくの間、彼をカルロス・サインツの後ろから遠ざけた理由だ。しかし、その後、我々が彼を解放し、クラッチの問題をコントロールした後、彼は今日素晴らしいペースを見せた」

クリスチャン・ホーナーは、オーバーテイクが難しいことが多いハンガロリンクでドライバーが予選10位と11位になった後、チームは勝利が可能になるとは「決して」予想していなかったと語った。

「このサーキットでは、レース前の分析で、すべてがうまく行けば、5位と6位が達成できる可能性があることが示されていた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「10番グリッドから勝つことは、我々の予想をはるかに超えている」

レッドブル・レーシング マックス・フェルスタッペン F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1ハンガリーGP / マックス・フェルスタッペン