レッドブルF1代表 「ルクレールがハードに交換した瞬間にチャンスが訪れた」/ F1ハンガリーGP 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、土壇場での戦略変更がマックス・フェルスタッペンの輝かしいF1ハンガリーGPの勝利に貢献したと語った。

マックス・フェルスタッペンの勝利への望みは、予選Q3でRB18のパワーユニットが問題に見舞われて代表的なタイムを設定できず、10番グリッドからのスタートが決定した時点で大きな打撃を受けたように見えた。

しかし、決勝の朝に許可を得てパワーユニットのコンポーネントを交換した後、マックス・フェルスタッペンは、素晴らしいドライブでシーズン8回目の成功を収めた。

だが、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、別の重要な要因もあったと語る。それはハードタイヤを避けるという決定であり、それは40周目にシャルル・ルクレールがハードタイヤを装着した後に失速したことでを証明された。

「我々はグリッド上で戦略を切り替えた」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 に語った。

「グリッドに向かう際、両方のドライバー(フェルスタッペンとセルジオ・ペレス)は、グリッドに到達するためのタイヤであるソフトタイヤで温度を生成するのに苦労していると感じた。我々はハードタイヤでレースをスタートする予定だった」

「周囲のコンディションや少し雨などに対処するためにグリッド上で戦略を切り替えたところ、ソフトタイヤは思っていたよりもはるかに長く走れた。その時点で、2ストップにコミットし、ソフト - ミディアム - ミディアムで進めた」

「いくつかの重要な瞬間があったと思うが、我々にとってレースの重要な瞬間は、シャルルがハードタイヤに履き替えるのを見たときだった。『オーケー、これで我々は本当にチャンスが訪れた』と思った」

マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがグリッドの真ん中からスタートしたことで、クリスチャン・ホーナーは、チームは当初、堅実なポイントフィニッシュのみを目標としていたことを認めた。

マックス・フェルスタッペンはドライバーズチャンピオンシップでのアドバンテージを80ポイントに拡大し、セルジオ・ペレスは5位でフィニッシュすることでそれを達成した.

「我々は2台ともハードタイヤでスタートするつもりだった」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「データに従えば、統計的には我々にとってレースでおそらく5位と6位が達成できるベストな結果だった」

「もちろん、データをウィンドウ外に出さなければならないこともある。天気や気温を調べ、ドライバーに耳を傾けると、両方のドライバーがグリッドに向かう途中にソフトで温度を生成できなかったと不満を漏らしていた」

「それはOKな問題だった。我々はここで戦略を変更する必要がある」

レッドブル・レーシングのプレスリリーズで、クリスチャン・ホーナーは、F1ハンガリーグランプリのレースを改めて振り返った。

「今日はファンタスティックなレースだった。全員が最高のパフォーマンスを発揮してくれた」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「マックスは並外れていた。10番グリッドからの逆転優勝では難易度が十分ではないとばかりに、ちょっとしたスピンまで見せてくれた。マックスと同様、チェコも素晴らしいレースを見せてくれた。終盤のVSCがなければ、彼も表彰台に立てていただろう」

「戦略が優勝に大きく貢献した。当初はハードタイヤでスタートする予定だったが、温度条件を見てスタートタイヤを変更した。今日の優勝で、相当なリードを得てサマーブレイクを迎えることになったが、改善できる領域はまだ残されている」

「今日も確認できた通り、フェラーリは依然として速く、メルセデスも復活してきている。シーズンはまだこれからだ」

レッドブル・レーシング F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1ハンガリーGP