レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンを注意深く見守っている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンにウィリアムズF1チームで戦っているアレクサンダー・アルボンのパフォーマンスを“注意深く”見守っていると語る。

昨年、ジョージ・ラッセルのメルセデスF1への移籍を確定した後、ウィリアムズF1チームはニック・で・フリースを含めた広範囲な検討の末、アレクサンダー・アルボンと契約することを選んだ。

26歳のアレクサンダー・アルボンは、レッドブルでテスト兼リザーブドライバーとして1年を過ごしていたが、1年のブランクは感じさせず、最初の瞬間からチームメイトで長く所属するニコラス・ラティフィよりも速かった。

アレクサンダー・アルボンのウィリアムズF1との契約はローン移籍ではないが、レッドブル・レーシングはアルボンを買い戻すオプションを有している。

アレクサンダー・アルボンのパフォーマンスに注目しているかと質問されたクリスチャン・ホーナーは、「もちろんだ!」とPaddock Magazine にコメント。

「アレックスは熟練したドライバーで、まともな仕事をしている。個人的には、今年の彼のパフォーマンスにはかなり感銘を受けまている」

したがって、契約条件の詳細は不明だが、クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンを連れ戻すことを選択するかもしれない。

スクーデリア・アルファタウリでは、角田裕毅が再びスランプに陥っており、まだ2023年のF1シートを確保できていない。したがって、レッドブルF1の首脳陣がアレクサンダー・アルボンの復帰を検討する前に改善する必要がある。

また、オプションとしてF2のユアン・ダルバラとリアム・ローソンという選択肢もある。

アレクサンダー・アルボンは、これまでウィリアムズF1と“素晴らしいシーズン”を過ごしていると語り、すぐにレッドブルに復帰することはないと考えている。

「今シーズンに集中しているし、将来何が起こるかを見てみるつもりだ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン