レッドブルF1代表 「ホンダと2026年エンジンについての議論はない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2026年にホンダがF1に復帰する可能性について、レッドブル内で「議論はない」と語る。

2026年にF1参入する可能性のあるポルシェとのコラボレーションがここ数週間でますます登場するにつれて、ホンダがF1から撤退するという2021年末の決定を再考する可能性があるという噂が浮上し始めまた。

レッドブル・レーシングはまだホンダのF1エンジンを使用してるが、ホンダがF1パワーユニットの運用と開発を支援しているにもかかわらず、。レッドブル・パワートレインズのラベルがついている。

「今週初めにレッドブル・パワートレインズズのビルをオープンしたので、2026年から本当に競争力のあるエンジンを生産できるようになるはずだ」とクリスチャン・ホーナーはシルバーストンで語った。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルとホンダは2025年末まで「エンジニアリングパートナーシップ」を維持しているが、その後はまったく新しいF1エンジンレギュレーションが施行されると説明した。

「もちろん、ポルシェとアウディがスポーツに参入することを検討しているという議論がある。F1がそのようなブランドを参入させたいと思っていることは本当にエキサイティングなことだと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、それはレギュレーションがどうなるか、ニューカマーの扱いがどうなるかなどの他の多くの側面に左右される」

ホンダが2026年のF1復帰を正式に考えていると聞いたかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「実際、それは彼らに質問することだ」と語った。

「それについて我々との議論がなされていないのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1