レッドブルF1、リアム・ローソンがリザーブドライバーに昇格
レッドブル・レーシングは、人種差別発言で解雇したユーリ・ピッブスに後任として、リアム・ローソンをリザーブドライバーの役割に昇格させたことをF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーが確認した。

レッドブル・レーシングのリザーブ兼テストドライバーとしてのユーリ・ビップスの契約は、Twitchでのオンラインゲーム配信中に人種差別的な発言をしたことで、イギリスグランプリの前日に終了した。

レッドブル・レーシグは、リアム・ローソンをその役割に昇進させた。ニュージーランド出身の20歳のリアム・ローソンは、現在カーリンからFIA-F2に参戦。2勝と7回の表彰台を獲得している。ローソンはスクーデリア・アルファタウリのリザーブドライバーも兼任する。

レッドブル・レーシングは、リザーブドライバーの問題にどのように対処する予定であるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「ユーリ・ビップスの発表に続いて、リアム・ローソンがその役割に昇格した」と述べた。

「ユアン(ダルバラ)は素晴らしい仕事をしており、我々は彼の進歩を興味深くフォローしている。デニス・ハウガーもスーパーライセンスの資格を持っている。 それが現時点での我々の対象者だ」

インド出身のF2ドライバーであるユアン・ダルバラは、最近レッドブルの許可を得て、マクラーレンのテストに参加し、2021年マシンであるMCL35Mを2日間にわたってシルバーストンで走らせ、130周を完了した。クリスチャン・ホーナーは、彼のコミットメントと、レッドブル・ジュニアチームの他のドライバーのコミットメントを比較検討した。

「今、我々にはかなりの数のヤングスター、本当に有望なヤングスターがいる。もちろん、リアム・ローソン、F2でレースをしているデニス・ハウガー、そして、ダルバラがいる。彼は別のチームでテストしているが、ジュニアドライバーのままだ」

「岩佐(歩夢)も大きなポテンシャルを示している。そこまでがF2だ。F3では、ジョニー・エドガーが今年初めに病気(かなり厄介な病気)の後に戻ってきて、もう一度チャンスを与えるのを見るのは素晴らしいことだ。アイザック・ハジャルも素晴らしい仕事もしている、カートからさまざまなフォーミュラまで才能に事欠くことはない」。

「そして、それは常にレッドブルの方針だった。そうでなければ彼らのキャリアを進歩させることができなかったであろうに若者にチャンスと機会を与えることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル