レッドブルF1代表 「フェルスタッペンがブーイングを受けるのは珍しい」 / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、木曜日の夜にシルバーストンのトラックを歩いているときにマックス・フェルスタッペンがファンにブーイングされたことに戸惑ったと語る。

週末のアクションが始める前にF1ドライバーは木曜日にすでにシルバーストンに来場しているファンの群れのなかに出た。マックス・フェルスタッペンは、サーキットを歩いているときにブーイングと罵声で迎えられた。

特にトラックの特定のエリアでマックス・フェルスタッペンは冷ややかなレセプションを受けた。レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・h-ナーは、ブーイングが昨シーズンの最終戦アブダビGPの結末への二日酔いのようなものであったかどうかについて質問された。

また、ネルソン・ピケが昨年のポッドキャストでルイス・ハミルトンについて話しているときに人種差別的な言葉を使用したことで広く非難された後、彼の娘であるケリー・ピケと交際しているマックス・フェルスタッペンは週末に向かって厄介な立場にあった可能性があることに気づいた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンをサポートすることを表明したドライバーの一人であり、後にネルソン・ピケは人種差別主義者ではないという彼の信念を述べたが、彼の言葉は「正しくなかった」と語っている。

クリスチャン・ホーナーは、昨年の最大のタイトルライバルであるルイス・ハミルトンのホームレースで彼のドライバーが普遍的に人気が低い可能性があることを認めながらも、ネルソン・ピケに対するフェルスタッペンのスタンスを再確認するよう求めた。

ネルソン・ピケの発言に対するマックス・フェルスタッペンの反応について質問されたクリスチャン・ホーナーは「マックスは、昨日の記者会見で完全に支持していることを絶対的に明確にしている」とSky Sport F1に語った。

「彼はルイスを全面的に支持しており、ルイスだけでなく、スポーツにおいてあらゆる形態の人種差別や差別に反対するこを支持しています。

「そして、レッドブルとして、我々は若いチームであり、非常に包括的なチームだ。我々には非常に若いフォロワーがおり、非常に多様なフォロワーがいる。それは我々にとって非常に重要なことだ」

「ルイスはここで多大な支援を受けるだろう。来週末、オーストリアでは別のホームレースが開催される」

「チームは、さらに3万人のオランダ人ファンから多大な支援を受けると確信している。それがスポーツではないか?それが競争というものだ」

クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンへの党派的な支持にもかかわらず、ブーイングは英国のファンベースではあまり見られないものだと感じている。

クリスチャン・ホーナーは、F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンはそれがドライバーとしての仕事の一部になり得ることを理解しており、カレンダーの大部分の場所で広くサポートされていると付け加えた。

「ドライバーのブーイングを聞くのは決していいことではない。イギリスグランプリの観客がそうするのは珍しいことだ。彼らは通常、すべてのドライバーに感謝しているからだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、それは彼が受け入れるものだ。ルイスはここで彼らのお気に入りのドライバーだ。問題はない。次の週末には、たくさんのサポートがあることを私は知っている。彼は我々が世界中どこに行っても大規模なサポートを受けている。だから、それはそれだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1イギリスGP / マックス・フェルスタッペン